横浜市保土ヶ谷区での屋根上塗りと外壁下・中塗り

本日は横浜市保土ヶ谷区にて行った施工の様子を掲載していきます。

前回、屋根の中塗りが完了しましたので、この日は仕上げの上塗りを行いました。
使用した塗料はサーモアイ。太陽の赤外線を反射し、屋根温度上昇を抑制することで、屋根下の室温を低下させる働きがあります。
この塗料は下塗りにも日射反射効果があるので、下~上塗りまでトータルで遮熱性能を発揮してくれます。

横浜市保土ヶ谷区:屋根遮熱上塗り

中塗りまでにつけた塗膜に、より厚みをつけつつ、美観向上のため美しく塗り上げていきました。ローラーは縦に転がして屋根材の段差にも塗料を付着させ、横にも転がすことで、全体にムラなく塗布していきます。

モルタル外壁には下塗りとしてパーフェクトフィラーを塗布。

横浜市保土ヶ谷区:モルタル外壁下塗り

横浜市保土ヶ谷:モルタル外壁下塗り

微弾性の材料なので、ひび割れに柔軟に対応します。また、サイディングなどの下塗りに使用されるシーラーより、かなりぼってりした材料なので、肉厚な塗膜を形成することができます。
モルタルの凸部は材料が付着しやすいですが、凹部は正面から見るとしっかり塗れているように見えても、奥まで密着されていないということがあります。ローラーをよく転がし、全体に均等に塗布していきます。

下塗り乾燥後は中塗りに入ります。

横浜市保土ヶ谷:モルタル外壁中塗り

横浜市保土ヶ谷:モルタル外壁中塗り2

シリコン塗料を重ね、塗膜をつけていく工程です。

雨樋の裏にあたる部分や、軒や雨戸の枠の周りは刷毛で塗り込みます。
ローラーでも塗れないことはないのですが、隅々まで塗ろうとして無理にローラーを入れると塗料が溜まってしまうことも。これを防ぐために、小回りの利く刷毛などで細部を塗ってから、全体をローラー塗装して、均等な厚みの塗膜に仕上げていきます。

最初はモルタルの凹凸があり、ローラーを転がすのにも力を要しました。ですが、中塗り・上塗りと塗料を重ねていくにつれて、塗膜の厚みが出て、ローラーの滑りも良くなっていきます。

次回も引き続き中塗りをしたあと、上塗りの工程に入っていきます。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top