横浜市旭区での外壁塗装、羽目板・付帯部ケレンと下塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市旭区で行った施工の様子をお伝えします。
担当職人は一級塗装技能士の星野。
今回は鉄骨階段の撤去や、部分的な羽目板交換など、大工工事をかなり行ってからの塗替えとなりました。
まずは、旧塗膜がボロボロに剥がれ落ちている羽目板のケレンから開始。
横浜市旭区:塗替え前の羽目板
横浜市旭区:羽目板ケレン
横浜市旭区:羽目板ケレン2
皮スキで塗膜を削り落し、更に全体をマジックロンというナイロンたわしで擦ります。弱った塗膜が残った状態で塗替えをしても、剥がれやすくなってしまうので、ここで徹底的に旧塗膜を除去して下地と塗料がしっかり密着するように作業。
塗装では、塗料を塗ることより、このケレンの方がより重要であり、時間もかけます。塗装は家を保護することが主な目的なので、いかに剥がれにくい塗膜をつけるかがポイントになってきます。
横浜市旭区:羽目板ケレンご
横浜市旭区:羽目板ケレン後2
ケレンが完了した羽目板です。剥離しかけていた塗膜を入念に除去し、白い素地が見える状態になりました。活膜という、まだ下地にぴったりくっついている塗膜はそのままにしています。
横浜市旭区:庇ケレン後
横浜市旭区:軒裏ケレン後
羽目板以外も庇や軒などのケレンをして、旧塗膜を落としながら全体に研磨傷をつけて、塗料の食い付きを向上させています。鉄部はサビも可能な限り削り落しています。
横浜市旭区:軒裏下塗りシーラー塗布
横浜市旭区:軒裏下塗りプライマー塗布
ケレン後は軒裏に下塗りをしました。使用したのはシーラーとパーフェクトプライマー。
シーラーは塗料の密着性を強化したり、吸込み止めの役割を果たす材料です。パーフェクトプライマーも、密着性を向上させるための下塗り材。柔軟性が高いので、伸縮性のある木部に適していると言えます。
素地が出ているところには、少し薄めて塗布することにより、木材の呼吸を妨げないように仕上げました。
横浜市旭区:庇下塗り
横浜市旭区:羽目板刷毛塗装
横浜市旭区:羽目板ローラー塗装
次に、庇や羽目板、鉄部などに下塗りしていきます。写真はグレーのパーフェクトプライマーを塗布しているところ。
細部はローラーのみで塗装すると、塗料がしずくのような跡に残ったり、ムラになることもあるので、小回りの利く刷毛で仕上げてからローラー塗装をします。
横浜市旭区:羽目板下塗り後
羽目板の下塗り完了後。傷みやすい木部には耐久性のある厚膜をつけるため、ケレン・下塗りをしっかり行って次の工程に備えていきました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top