横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、樋、雨戸と木・鉄部上塗り

本日は横浜市保土ヶ谷区にて行った、施工の様子をお届けします。
前回に引き続き、今回も付帯部の上塗りをしていきます。

横浜市保土ヶ谷区:雨戸刷毛上塗り

横浜市保土ヶ谷区:雨戸ローラー上塗り

写真は雨戸の仕上げをしているところ。四隅はローラーが入りにくいので、刷毛を差し込むようにしながら、奥まで塗料を塗布。
雨戸は家自体の耐久性に直接影響するところではありませんが、細部までしっかり塗膜をつけ、塗替えした状態が長く保たれるように仕上げていきます。

全体には飛散の少ないタイプのローラーを使用して塗料を重ねました。雨戸の段に沿わせながら横に転がし、さらに縦に転がして、ムラにならないように行き渡らせています。

横浜市保土ヶ谷区:雨戸上塗り完了

塗り上がった雨戸はこちら。刷毛目もなく、塗料の光沢が輝くフラットな仕上がりになりました。外壁だけでなく、付帯部もきれいになると家全体の美観も、向上されたのではないでしょうか。

次回は下屋根の縁切りをしていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00