逗子市桜山での外壁塗装、高圧洗浄で汚れもスッキリ

本日は逗子市桜山の現場での施工風景をお送りします。築13年のサイディング外壁とコロニアル屋根のお宅です。
担当職人は、自身も逗子出身の一級塗装技能士・川口です。

まずは、塗替えを開始する前に、家全体の高圧洗浄を行います。
汚れが付着した状態のまま塗装をすると、塗料の密着力が低下してしまうからです。特に屋根はコケや藻の発生が多い場所、塗料の密着不良から、塗膜が剥がれやすくなることも。外壁は汚れを落として、養生がぴったりくっつくようにしておきます。

逗子市桜山:屋根洗浄前

こちらは施工前の写真です。屋根には黄緑色のコケ類が一面に生えています。足場にはメッシュシートを張っているのですが、さらにブルーシートを重ねて洗、浄時の泥水が周囲に飛び散らないように対策。

逗子市桜山:車、自転車の養生

最高150キロ圧もの勢いでジェット水流が噴射されるので、念には念を入れて、ご近所の車や自転車にもシートをかけさせていただきました。

逗子市桜山:足場内養生

メッシュシート内も部分的にマスカーという、ビニールで養生を行っています。

逗子市桜山:洗浄前の外壁

外壁にはシミのような、少し色が濃く変色している箇所がありました。

今回は一人での作業のため、洗浄中の写真は残念ながらありません。屋根から水洗いを開始し、樋の中や、軒・破風、外壁と下りながら、家全体の汚れを洗い流していきました。
では、洗浄後の様子を見ていきましょう。

逗子市桜山:屋根洗浄後

コケなどがたくさん発生していた屋根は、ご覧のようにスッキリと付着物が落とされました。洗浄機の水流はとても強いですが、それ以上にコケは頑固で簡単には取れません。ノズルを屋根材に沿って、何度も往復させるように動かしながら、しっかり除去しました。

屋根材から見えている白いところは、古い塗膜が落ちて下地が見えている部分です。これで下塗りに塗布するシーラーも、染み込みやすくなったと思います。

逗子市桜山:外壁洗浄後

外壁や付帯部も汚れが落ち、養生をしっかり密着させる準備が整いました。

次回から、屋根や付帯部の塗替えに入っていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00