逗子市桜山での外壁塗装、鉄部ケレンとサビ止め塗布

本日は逗子市桜山の現場から施工風景をお届けします。

こちらの担当職人は一級塗装技能士の川口。

まずは屋根に上り、鉄部のケレンから開始。

逗子市桜山:雨押さえケレン

写真は雨押さえをハンドパッドという、ナイロンたわしで擦っているところ。鉄部は下地がツルツルとしているので、そのまま塗料を塗っただけですと、せっかくつけた塗膜が剥がれやすくなってしまいます。

下地と塗料がしっかり密着し、剥がれにくくするためには、ケレン(目荒しや下地調整とも)という研磨作業をします。先ほどご紹介したナイロンたわしやサンドペーパーを使用し、下地に微細な傷をつけていきます。この傷が塗料の引っ掛かりとなり、密着力が高くなるのです。

また、サビが発生している場合は、皮スキなども併用してサビを可能な限り落しておきます。

逗子市桜山:雨押さえクギ打ち直し

屋根の雨押さえを固定する釘は、築年数の経過しているお宅では、よく飛び出していることもあります。家の歪みや地震などによる挙動で、徐々に釘穴から飛び出してくるようです。ケレンの際には、飛び出している釘も打ち直しながら、研磨を進めていきました。

逗子市桜山:換気扇フードケレン

逗子市桜山:雨樋ケレン

次に、換気扇のフードカバーや、雨樋、軒裏、庇など鉄部と他の付帯部も含めてケレンを行いました。

ケレン作業が完了しましたら、鉄部にサビ止めを塗布します。

逗子市桜山:サビ止め塗料

逗子市桜山:雨押さえサビ止め

逗子市桜山:雪止め金具サビ止め

使用したのは、一液ハイポンファインデクロ。
密着性のよい、サビ止め塗料です。こちらを塗布してサビの発生を抑制し、傷みやすい鉄部の耐久性を向上させていきます。

再び屋根に上り、順々に塗布。
雪止め金具はローラーでも塗れますが、細部を仕上げようとすると塗料の厚みがまばらになったり、垂れてしずくのような形状が残ることがあるので、刷毛で均等に仕上げていきました。

逗子市桜山:換気扇フードサビ止め

同様にフードカバーや、庇にもサビ止めを塗っていきました。サビ止めの色は数種類ありますが、上塗りの色に合わせ、下塗りがの色が透けにくいものを選んでいます。

今回は付帯部を白色に仕上げるので、サビ止めも同系色のものを使いました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top