横浜市保土ヶ谷区での鉄部塗装、鉄骨ケレンでサビ落とし

今回は横浜市保土ヶ谷区で行った、施工の様子を写真とともにお伝えします。

担当職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員の星野。

こちらの現場では鉄骨塗装を行うのですが、足場は組まずに梯子を使用しての作業となりました。施工前はサビがあちこちに発生し、塗膜の剥離も見られる状態。

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨塗装前

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨塗装前2

塗装を長持ちさせるために、まずは、サビと剥がれかけている塗膜を削り落す「ケレン」をしました。ケレンが不十分な状態ですと、上から塗料を塗っても、弱った塗膜やサビとともに剥がれやすくなってしまうのです。塗替えは塗膜によって鉄部を保護することが目的ですので、剥がれにくい塗膜をつけるための工程がとても重要になります。

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨と梯子

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨ケレン

今回は鉄部の厚みがあり、平滑な面なので、ディスクサンダーという電動工具で研磨をしました。電源を入れると、工具の先端に付いてるディスクが高速回転するので、そこを鉄骨の表面に当てていきます。勢いがあるので、手でしっかり持ち、全面に動かして塗膜やサビを落としていきます。

栄区での外壁塗装、下地処理

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨ケレン後

横浜市保土ヶ谷区:鉄骨ケレン後2

こちらが削った後の様子。
弱っていた塗膜が除去されて下地が現れました。活膜という、まだ下地に密着している塗膜はそのままにしています。サビは可能な限り落としましたが、完全には取り除けません。

横浜市保土ヶ谷区:ケレン後の塗膜片

ケレン後に出たサビや塗膜片が大量に落ちています。このあと掃き掃除を行い、現場をきれいにしてから作業を終えました。

次回はサビ止めを塗布していきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00