横浜市磯子区での外壁塗装、木部上塗り続き

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市磯子区で行った施工の様子をお送りします。
担当職人は一級塗装技能士の川口です。
今回は、前回から引き続き、木部の上塗りを進めていきました。
横浜市磯子区:破風板上塗り
破風板は刷毛を使用して、雨樋の裏側になる部分に塗料を塗り込んでいます。ローラーでは塗りにくい所は、数種類のサイズや形状の違うハケを使い分け、細部まで
塗膜をつけています。こういう場所は、じっくり目を凝らさなければ表だって目立つ場所ではありませんが、どのようなところも可能な限りきっちり塗り込んでいきます。
横浜市磯子区:木部上塗り
こちらは外壁との際を塗っているところです。中塗りの上にさらに塗膜の厚みを付加。耐久性が向上するように仕上げていきます。先ほどと同様にローラーでは、はみ出してしまうので小さな筋交い刷毛を使用。ハケ目が出ないように、軽いストロークで塗料をしっかり重ねていきました。
次回も付帯部の上塗りを進めていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top