横浜市金沢区ので外壁塗装、樋、見切り養生と外壁中塗り

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市金沢区で行った塗装工程を写真とともに載せていきます。
担当職人は一級塗装技能士の川口と曽根カズ。
横浜市金沢区:足場とメッシュシート
横浜市金沢区:シート張り後
この日は施工前に、まず足場のメッシュシートを張ることから開始。
前回の施工から少し日が空いたので、その間、足場の周囲にぐるりと張っていたシートをまとめていたのです。
風が吹いてしまうと、シートが煽られて足場が揺れたり、傾いてしまうこともあるのです。そうなりますと、外壁に傷をつけたり、時には壊れてしまうことがあるため、予防としてシートをまとめて風の通り道を作っておきました。
作業開始前には、塗料の飛散を防ぐため、再びシートを広げて足場を覆います。
横浜市金沢区:養生
横浜市金沢区:養生後
今回は外壁の中塗りが主な工程。塗装した樋やシャッターボックスなどに塗料が付着しないよう、また、外壁の塗り分け線をきっちり出すために養生をしました。
使用したのはテープとビニールが一体になったマスカー。付帯部や窓などの全体を覆って、テープでしっかり固定し剥がれてこないように。このテープは塗り分け線にもなるので、真っ直ぐ貼っていきました。
横浜市金沢区:サイディング外壁中塗り
次は、いよいよ外壁の中塗りに入ります。下塗りはシーラーですでに完了しており、塗料の密着力を高めてあります。剥がれにくい塗膜に仕上げ、家を長く保護できるように施工します。
中塗りでは、塗膜をつけるため塗料をたっぷり塗布。ローラーで均等に転がして塗りムラのないように仕上げます。
サイディング外壁には横目地もあるので、その部分も掠れが出ないように、ローラーの角などで入念に塗り上げていきました。
横浜市金沢区:外壁中塗り後
こちらが中塗りの完了した面です。左隣の未塗装面と比較すると、違いがわかりやすいのではないかと思います。
次回は上塗りをして、より塗膜の厚みをつけて仕上げていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top