逗子市での外壁塗装、大屋根上塗りと軒補修下塗り

本日は逗子市桜山の現場から、施工の様子をお伝えします。
担当職人は地元が逗子に近い、一級塗装技能士の川口。

前回は遮熱塗料サーモアイで中塗りした大屋根に、上塗りを重ねて仕上げに入ります。

逗子市での外壁塗装、屋根中塗りと軒・樋下塗り

逗子市桜山:屋根中塗りダメ込み

逗子市桜山:屋根中塗りダメ込み2

まずは出窓の周囲や、屋根材の重なり部、雪止め金具といった細部の塗装をしていきました。

ローラーでスムーズに塗れるところはいいのですが、細かな場所ではローラーのみで仕上げようとしますと、塗料がぽてっと垂れてしまうことがあります。均等に、そして美しく塗膜をつけようとすると刷毛塗りや、ミニローラーで塗り込んでおくことが必要になってきます。

逗子市桜山:屋根上塗り後

逗子市桜山:屋根上塗り後2

こちらが屋根全体に塗料を塗布した後の状態。細部を仕上げた後はローラーで、全体にムラのないように塗料を行き渡らせました。縦横にしっかり転がして、厚みを可能な限り均一にしながら、塗膜の厚みを付加させています。天窓との境目もきれいに塗り分けできたと思います。

3度塗りでしっかり塗膜をつけ、遮熱塗料の日射反射性能が発揮されるように仕上げました。

逗子市桜山:軒天補修

次は場所を移して軒天の施工です。板と板との継ぎ目や、ひび割れが発生しているところにシーリング材を充てんして補修しました。継ぎ目はこのまま塗装してしまうと、段差ができて見栄えがよろしくないため、塗替え前に平らにしています。

逗子市桜山:軒天下塗り

補修後、接着剤の役割を果たすシーラーを塗布して下塗りです。たっぷり塗り、塗膜が剥がれにくなるように下準備しました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00