逗子市での外壁塗装、大屋根上塗りと軒補修下塗り

塗装職人ブログ
本日は逗子市桜山の現場から、施工の様子をお伝えします。
担当職人は地元が逗子に近い、一級塗装技能士の川口。
前回は遮熱塗料サーモアイで中塗りした大屋根に、上塗りを重ねて仕上げに入ります。
逗子市桜山:屋根中塗りダメ込み
逗子市桜山:屋根中塗りダメ込み2
まずは出窓の周囲や、屋根材の重なり部、雪止め金具といった細部の塗装をしていきました。
ローラーでスムーズに塗れるところはいいのですが、細かな場所ではローラーのみで仕上げようとしますと、塗料がぽてっと垂れてしまうことがあります。均等に、そして美しく塗膜をつけようとすると刷毛塗りや、ミニローラーで塗り込んでおくことが必要になってきます。
逗子市桜山:屋根上塗り後
逗子市桜山:屋根上塗り後2
こちらが屋根全体に塗料を塗布した後の状態。細部を仕上げた後はローラーで、全体にムラのないように塗料を行き渡らせました。縦横にしっかり転がして、厚みを可能な限り均一にしながら、塗膜の厚みを付加させています。天窓との境目もきれいに塗り分けできたと思います。
3度塗りでしっかり塗膜をつけ、遮熱塗料の日射反射性能が発揮されるように仕上げました。
逗子市桜山:軒天補修
次は場所を移して軒天の施工です。板と板との継ぎ目や、ひび割れが発生しているところにシーリング材を充てんして補修しました。継ぎ目はこのまま塗装してしまうと、段差ができて見栄えがよろしくないため、塗替え前に平らにしています。
逗子市桜山:軒天下塗り
補修後、接着剤の役割を果たすシーラーを塗布して下塗りです。たっぷり塗り、塗膜が剥がれにくなるように下準備しました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

    ※印は必須項目です

    ※お名前
    ※ご住所 郵便番号

    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ※電話番号
    ご連絡希望時間帯
    ※メールアドレス
    ※ご用件
    メッセージ

    些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

    ■横浜店
    神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
    9時~20時 拡大地図はコチラ

    ■東京店
    東京都世田谷区用賀3-13-5
    10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

    Back To Top