逗子市桜山での外壁塗装、コーナー・破風下塗りと木部ケレン

本日は逗子市桜山の現場の施工風景をお送りします。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。

まずはコーナーの下塗りをします。コーナーとは角という意味ですが、その名の通り、サイディング外壁の四隅にとりつけられている部材のこと。

逗子市桜山:コーナー下塗り

パーフェクトプライマーという、サビ止め効果のある下塗り材をたっぷり塗布していきます。刷毛を数種使い分けて、ムラなくはみ出しのないように仕上げました。

次はバルコニーの木部ケレンをしました。玄関ドアや窓枠と同様にキシラデコールを使用して塗替えをするので、その前に木部の表面に付着している既存の塗膜類を除去して、しっかり着色できるように準備します。

逗子市での外壁塗装、木部ケレンとドア・木枠下塗り

ワイヤーブラシやサンドペーパーで入念に研磨して、表面をきれいに整えました。

逗子市桜山:木部ケレン後

逗子市桜山:木部ケレン後2

色味が濃い部分はわかりにくいかもしれませんが、薄い箇所は下地が滑らかになっているのがご覧いただけるかと思います。

バルコニーの木部ケレン後は、破風の下塗りをしました。ここで使用した塗料は、コーナーの下塗りにも使用したパーフェクトプライマー。鉄部だけでなく、木部や塩ビの密着にも優れており、木部のような伸縮する素材にも柔軟性があるので適しています。

逗子市桜山:破風下塗り後

逗子市桜山:破風下塗り後2

作業中の写真がないため、塗替えが完了した様子です。全体が白いプライマーで覆われました。横樋との隙間にも刷毛を使用して、奥まできっちり塗り込んでいます。足場がなければ、目に付きやすいという場所ではないですが、どのような箇所も可能な限り隅々まで均等に塗布しています。

次回は玄関周りの外壁塗装に入っていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00