横浜市金沢区での外壁塗装、外壁・付帯部下塗りと上塗り

今回は横浜市金沢区で行った施工の様子をお送りします。
一級塗装技能士の川口がこちらの現場を担当しました。

横浜市金沢区:サイディング外壁下塗り

横浜市金沢区:軒下塗り

まずは玄関周りの養生を行い、塗料の付着予防をしました。マスカーというテープ付きのビニールで、塗替えしない場所をしっかり覆っていきます。

次に、外壁や軒をシーラーで下塗りしました。下塗りは、下地と塗料の密着力を高め、塗膜を剥がれにくくするための工程。
サラサラとした水のようなシーラーをたっぷり塗布して、表面がしっとりとしたような質感に仕上げていきました。

下塗り完了後は、シャッターボックスの中塗りと水切りの下塗りをしたのですが、写真がありません。シャッターボックスはシリコン塗料で塗膜をつけ、水切りはサビ止め効果のあるプライマーで下塗りをしました。

横浜市金沢区:外壁中塗り後

横浜市金沢区:外壁中塗り後2

こちらは外壁と軒の中塗りを終えたところ。目地内や継ぎ目にも塗料を入念に塗り込み、ムラなく塗膜をつけています。この時点でも、つやつやとした光沢が現れていますね。
玄関付近は足場がないので、脚立を使用して塗装しています。

横浜市金沢区:外壁上塗り後

中塗り後は上塗りをして3度塗りの仕上げをしました。紫外線や風雨による傷みから家を保護してくれるように、塗膜の厚みを付加しています。また、仕上げなので、より塗布面がきれいになるように塗り上げました。

横浜市金沢区:水切り上塗り後

水切りの上塗りも完了。塗り分けがしっかりされ、つややかな光沢のある仕上がりになりました。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top