横浜市磯子区での外壁塗装、付帯部ケレンと下塗りでサビもキレイに

本日は横浜市磯子区で行った施工の様子を掲載します。
担当職人は一級塗装技能士の川口。

今回は母屋に場所を移して、付帯部のケレンをしていきました。
施工前の木部は既存の塗膜がなくなっていたり、剥がれかけている箇所も。鉄部はサビも見られるので、塗替え前に徹底してケレンを行い、塗料の密着力を高めて塗膜が剥がれにくくなるようにしました。

横浜市磯子区:軒ケレン

軒裏の鉄部には小さなワイヤーブラシを使用して、ゴシゴシと擦っていきます。弱った塗膜を落としつつ、サビを擦り落しました。

横浜市磯子区:軒ケレン後

霧除け(ひさし)の上には軒をケレンした際の塗膜片が落ちています。軒裏全体には、マジックロンというナイロンたわしを使用して研磨。ケレンは塗膜落としやサビ除去以外にも、下地に細かな傷をつけることにより、塗料の食い付きを向上させる意味合いもあります。

ここでは、脚立を複数立てて足場板を渡し、簡易足場を作って作業しました。

横浜市磯子区:庇ケレン

ここでもマジックロンで下地を擦ります。活膜という、下地とぴったり密着している塗膜には研磨傷をつけ、弱っている部分は取り除いていきます。剥がれかけている上から塗料を重ねても、剥離しやすくなってしまうのです。

ケレン後は軒と霧除けに下塗りをしました。使用したのは日本ペイントのパーフェクトプライマー。サビ止め効果があるので鉄部に適していますし、柔軟性にも優れているので木材のような、呼吸をして伸縮する下地にも使用できる多用途な材料です。

横浜市磯子区:軒裏下塗り

横浜市磯子区:軒裏下塗り後

軒は刷毛を使用して、端から塗り込みます。細部を先に仕上げて塗りムラを防ぎ、全体に均等に塗料を行き渡らせます。

横浜市磯子区:付帯部下塗り後

横浜市磯子区:付帯部下塗り後2

軒以外にも、窓枠やドア、霧除けなどを下塗りしました。
次回はシリコン塗料を重ねて、塗膜をつける工程に入ります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00