逗子市での塗装工事、付帯部上塗りで艶やかな仕上がり

本日は逗子市桜山の現場の施工風景をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口です。

先回は木部塗装と屋根の縁切りを完了させ、この日は破風や雨樋といった付帯部の上塗りを進めました。

逗子市での外壁塗装、木部塗装と屋根縁切りで雨漏り防止

逗子市桜山:破風上塗り

破風には白いシリコン塗料をたっぷり重ね、厚みのある塗膜をつけていきます。刷毛を滑らせるように動かし、刷毛目が出ないように気をつけながら、塗布面を艶やかに仕上げていきます。

逗子市桜山:破風・樋塗装後

雨樋と破風の上塗りが完了しました。光沢と映り込みが見られます。このときは曇り空でしたが、天気のいい日はまた違った見え方になります。

逗子市桜山:フード上塗り後

こちらは換気扇フードカバーの上塗りが完了したところです。サビ止めで鉄部の耐久性を高めてから、塗膜をつけていきました。施工前は汚れが付着していたり、わずかにサビの発生も見られましたが、きれいな光沢のある仕上がりになりました。

逗子市桜山:出窓庇の塗装後

出窓のひさしも塗料を充分に重ねて、傷みを抑制する耐久性の高い塗装に。塗料が外壁に付着しないように注意を払いながら、きっちり塗り分けしました。

付帯部の白くツヤツヤとした仕上がりは、外壁の色と馴染んで統一感のある柔らかな印象のお宅になったと思います。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top