横浜市保土ヶ谷区での住宅施工、鉄部・雨樋ケレンと下塗り

今回は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子をお届けします。
担当した職人は一級塗装技能士の川口。

まずは鉄部や雨樋のケレンから開始。

横浜市保土ヶ谷区:出窓の庇ケレン

横浜市保土ヶ谷区:換気扇フードカバーケレン

横浜市保土ヶ谷区:軒換気孔ケレン

横浜市保土ヶ谷区:雨樋ケレン

サンドペーパー(紙やすり)で擦って汚れやサビを落としつつ、細かな傷をつけていきます。ツルツルとした下地に塗料を重ねると、引っ掛かりがないため塗膜が剥がれやすくなってしまいます。高級塗料を重ねて厚膜に仕上げても、すぐに剥がれてしまっては意味がなくなってしいますよね。対策として研磨傷をつけることで、塗料がしっかり食い付くように下準備します。

軒の換気孔はワイヤーブラシを使用して、擦りにくい場所もしっかり研磨しています。横樋はサンドペーパーだけでなく、ワイヤーブラシの曲線を生かして、樋の角にも当てて擦りました。フードカバーや庇もペーパーで微細な傷をつけておきます。

横浜市保土ヶ谷区:雨樋下塗り

横浜市保土ヶ谷区:ホースカバー下塗り

ケレンを終えたら、各所の下塗りに入ります。雨樋やホースカバーにはミッチャクロンというプライマーを塗布しました。名前が表す通り、下地と塗料の密着性を向上させる性能があります。いわば接着剤の役割を果たすというわけです。

この透明なプライマーを刷毛でたっぷり塗布していきます。同じ角度から見て作業をすると、きちんと塗れているかわかりにくいので、別方向からも確認しながらまんべんなく塗り込みました。

横浜市保土ヶ谷区:水切り下塗り

水切りは鉄部なので、通常はサビ止めを塗るのですが、こちらはレザーを被せてあるため雨樋と同様にミッチャクロンで下塗りしました。

横浜市保土ヶ谷区:軒換気孔サビ止め後

横浜市保土ヶ谷区:庇サビ止め塗布

フードカバーや軒の換気孔部分には白いサビ止めを塗布して、サビが発生しないように下塗り。庇は赤錆び色のサビ止めを使用しています。これは上塗りの色に合わせているので、場所によってサビ止めの色も変えて塗っているのです。仕上がりの色と差があまりない色を選択します。

横浜市保土ヶ谷区:フードカバー中塗り

横浜市保土ヶ谷区:ホースカバー中塗り

下塗り後はフードカバーやホースカバーの中塗りに移りました。白いシリコン塗料を刷毛でたっぷり重ねていきます。

艶やかに、ハケ目を出さないように仕上げるには、ハケは軽く持ち、できるだけ1ストロークを長く描くようにして塗ります。表面がフラットに仕上がると塗料の光沢も合わさり、とてもきれいに仕上がります。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top