横浜市磯子区での外壁塗装、付帯部塗装でサビ防止にも

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市磯子区の現場から施工の様子をお伝えします。
担当職人は一級塗装技能士の川口。
こちらのお宅での塗装工事も終盤に近づいて参りました。この日は付帯部の仕上げ塗装などを進めていきます。
まずはトタン屋根と鉄部の補修から。
横浜市磯子区:雨漏りした軒
横浜市磯子区:トタン屋根補修
塗装した軒に雨漏りが発見されたため、大工が原因の調査。トタン屋根の上と、破風とその支えの鉄部に隙間があったため、そこから水が伝わってきてしまったようです。隙間部分にコンクリートボンドを注入して埋めました。
横浜市磯子区:軒塗装
雨漏りした軒部分は、一度塗膜を剥がしてから再度塗替えです。シーラーで密着力を高めてからケンエースという塗料で中塗りと上塗りをしました。
トタン屋根はサビ止めを塗布した下塗りの状態。
横浜市磯子区:下塗り後の屋根
横浜市磯子区:トタン屋根塗装
シリコン塗料をたっぷり重ねて塗膜をつけていきます。瓦棒という、凸部分はローラーのみでは塗りにくいため、小回りの利く刷毛で細部まで均等に塗料を行き渡らせます。平らな面はローラーでフラットに仕上げ。
横浜市磯子区:下屋根上塗り後
下屋根も同様に上塗りです。どちらも見事な光沢が輝く仕上がりになりました。
横浜市磯子区:塗装後の鉄部ドア
仕上がった鉄部ドアの状態。施工前は全体的に傷みがひどく、表面がぼこぼこと凹んでいる箇所もありました。入念にケレンをしてから、サビ止めをたっぷり塗布して耐久性を向上。シリコン塗料をすみずみまで塗り込んで厚膜塗装に。
次回は施工の最終日、最終仕上げをしていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top