横浜市瀬谷区での外壁塗装、軒裏下と中塗りで耐久性アップ

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市瀬谷区で行った施工の様子をお送りします。
担当職人は塗装指導員であり、一級塗装技能士でもある星野です。
先回は鉄部の下塗りを完了させ、この日は養生の続きと軒裏塗装を行いました。
横浜市瀬谷区:窓庇養生後
横浜市瀬谷区:雨戸養生後
こちらは養生の完了した面です。1階の窓は雨戸を養生し、ガラス戸の方は開閉できるようにしてあります。全てを密閉してしまうと換気ができなくなってしまうので、どこか一ケ所は空気の入れ替えができるように養生させて頂いています。場合によっては、ビニールを足場に固定して傘のような形に養生することも。
横浜市瀬谷区:軒裏下塗り
養生完了後は、軒裏にシーラーを塗布して下塗りです。この材料は下地と塗料の密着性を高めて、塗膜を剥がれにくくするための工程。いわば接着剤の役割をします。軒の端から開始して、全体にムラなく塗布。シーラーは透明というのもあり、見る向きを変えて塗り残しなどを確認しながら仕上げました。
横浜市瀬谷区:軒裏下塗り後
全面の下塗りが終わりました。軒がつやっと濡れたような状態になっていますね。
横浜市瀬谷区:軒裏中塗り
下塗りから時間を置いて、シリコン塗料で中塗りをしました。さきほどと同じく軒の端側や、継ぎ目から先に刷毛塗装。細部を先行して塗布することで、塗り残しを防ぎ、全面を塗るときにも効率よく作業を進められます。
横浜市瀬谷区:軒裏中塗り後
こちらが中塗り完了後。たっぷり塗料を使用して、厚みのある塗膜に仕上げました。紫外線や風雨による傷みを抑制するため、しっかりと塗膜で保護していきます。
次回は上塗りをして、より厚膜に仕上げながら耐久性を高めます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top