横浜市南区での外壁塗装、屋根下塗りと中塗り・付帯部塗装

本日は横浜市南区の現場での施工風景を掲載します。
担当職人は、一級塗装技能士の星野と曽根カズです。

すでに高圧洗浄を完了させていますので、この日は屋根の上から施工を開始していきます。まずは雨押さえなどの鉄部をケレン。下地がツルツルしているので、あえて研磨傷をつけることで塗料の食い付きが向上して、剥がれにくい塗膜に仕上がります。

横浜市南区:屋根の釘打ち

築年数が経過しているお宅の多くは、雨押さえを固定している釘が飛び出していることがあります。ケレンと共に釘の打ち直しもしっかり行っていきます。

横浜市南区:屋根サビ止め

横浜市南区:屋根唐草サビ止め

次はサビ止めを塗布して、鉄部の腐食を予防します。
鉄は空気中の酸素に触れると、酸化しやすいので、たっぷり塗布していきます。屋根材に付着させないように気をつけながら、唐草も塗り込みました。

横浜市南区:庇のケレン

出窓のひさしをケレン。
ナイロン製の研磨布で擦ってざらつきを作ります。サビが発生している場合は、ここで入念に擦り落していきます。

横浜市南区:庇サビ止め

屋根鉄部と同様に、ケレン後はサビ止めを塗りました。外壁との境界ギリギリのところを刷毛で線出ししながら仕上げていきます。

横浜市南区:水切り下塗り

水切りもサビ止めで下塗り。

横浜市南区:屋根シーラー下塗り

鉄部のサビ止め塗布後は屋根材の下塗りです。
浸透性シーラーを染み込ませるように塗布して、屋根材を強化しながら塗料の密着力を高めます。表面がしっとりと塗れたような状態に仕上げます。

横浜市南区:破風板下塗り

横浜市南区:帯板下塗り

破風や帯板もシーラーで下塗り。刷毛でムラのないように塗布していきます。

横浜市南区:屋根中塗り

屋根は下塗りから時間を置いて、中塗りに入りました。
シリコン塗料をふんだんに塗布して厚みのある塗膜をつけていきます。塗る順番は、雨押さえや細部を仕上げてから塗ることが多いですが、ここでは屋根材から開始。ローラーを縦横に転がして、塗料の厚みを均等にならしました。屋根は外壁と違い、紫外線や風雨に直接さらされることが多い場所。いわば、傷みやすい箇所ですから、適切に希釈した塗料をたっぷり使用して、耐久性のある塗膜で保護することが大切です。

横浜市南区:屋根中塗り後

中塗りが完了しました。
外壁の隣接面や隙間にサビ止めの色が見えているところがありますが、上塗りの際に塗り込んでいきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00