横浜市神奈川区での外壁塗装、屋根と鉄部下塗り

本日は横浜市神奈川区の現場から施工風景をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口です。
先回は家全体の高圧洗浄で汚れを落とし、今回は屋根と鉄部の塗装に入ります。まずは屋根に上り、雨押さえや雪止め金具といった鉄部のケレンをします。
横浜市神奈川区:屋根鉄部ケレン
横浜市神奈川区:釘打ち直し
これはサビ落としの役割と、塗膜を剥がれにくくするための大切な工程。ハンドパッドというナイロンたわしで下地を擦り、微細な傷をつけることで塗料の食い付きを向上させます。築年数が経過しているお宅では頻繁に見られる釘抜けも、ここできちんと打ち直し。
こちらのお宅の屋根塗装では遮熱塗料のサーモアイを使用します。太陽の赤外線を反射して、屋根温度の上昇を抑制する塗料です。
鉄部にはこのサーモアイの専用プライマーを塗布。下塗り塗料にも日射反射性能があるので、下塗りから中塗り、上塗りまでトータルで性能を発揮します。
横浜市神奈川区:鉄部下塗り
ケレンをした雨押さえと雪止め金具にそれぞれ、たっぷり塗布。細かい部分には刷毛を使用して、厚みを均等にしながら、全体に行き渡らせました。
横浜市神奈川区:雨樋下塗り
次の工程に進む前に、雨樋の下塗りを行っています。ミッチャクロンというプライマーを塗って、下地と塗料の密着力を高めます。剥がれにくい塗膜に仕上げるため、ムラなくたっぷりと。
横浜市神奈川区:屋根下塗り
次にサーモアイシーラーで屋根材の下塗りをしました。このシーラーで塗料の密着力を高めつつ、造膜性にも優れているので、塗料の吸込みを抑制して仕上がりをよくします。仕上がった屋根はシーラーの白色で覆われています。
横浜市神奈川区:鉄部下塗り
他の鉄部も同様にケレンをした後、サビ止めを塗布して、鉄部が腐食しないように予防。塗布した面はツルっと平滑に仕上がりました。
次回はサーモアイ主材で屋根の中塗りをして塗膜をつけていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top