横浜市保土ヶ谷区での外壁塗装、屋根縁切りと鉄部塗装

株式会社塗装職人ブログ
本日は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子を掲載します。
職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員の川口です。
この日はすでに塗装が完了している屋根の縁切りから作業開始。縁切りとは、塗料で埋まってしまった屋根材の重なりに隙間を空ける工程です。
この重なりが埋まったままですと、わずかに空いた隙間から雨水が浸入して吸い上げられたり、継ぎ目から入った雨水の排水経路がなくなってしまいます。これが、雨漏りや腐食の原因に繋がることがあるため、重なり部に隙間を作って予防します。
こう書くと、縁切りは屋根塗装に必須のものと思われるかもしれませんが、初めての塗装の場合は屋根材の重なりに充分な隙間があるため、縁切りは不要です。(初めての塗装でも、勾配があまりない屋根や、特に厚膜に仕上がる断熱・遮熱塗装をした場合は必要になります。)
横浜市保土ヶ谷区:屋根縁切り
ここでの縁切りは、マイナスドライバーや水抜きカッターを使用します。ドライバーを重なりに差し込んで、その間をカッターで分離させていきます。塗料はすでに硬化しているため、少しずつ、地道に隙間を空けていく作業を屋根全体に繰り返します。
横浜市保土ヶ谷区:屋根縁切り2
断面の拡大写真です。しっかり排水経路を確保できました。
次に、バルコニーに場所を移して、鉄部塗装に入ります。ケレンで下地に微細な傷をつけ、塗料の密着力を高めたあと、サビ止めを塗布して腐食予防。
乾燥後、シリコン塗料をたっぷり重ねて塗膜を厚くつけました。これによって紫外線や雨風による傷みを抑制します。
横浜市保土ヶ谷区:鉄部中塗り後
横浜市保土ヶ谷区:鉄部中塗り後2
塗替えしたフェンスと隣接している面には、塗料が付着しないようにマスキングテープで養生をして塗装。短毛ローラーで刷毛目や気泡を出さないように、艶やかに塗り上げました。
後日、もう一度塗料を重ねて塗膜に厚みを付加しながら、美観も向上させて仕上げます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top