川崎市宮前区での塗装工事、雨樋中塗りと破風・帯板下塗り

今回は川崎市宮前区で行った塗装工事の様子を掲載します。
施工した職人は一級塗装技能士の星野です。

前回は鉄部のケレンやサビ止め、破風板の補修をしました。

川崎市宮前区での住宅施工事例、鉄部ケレン、サビ止め塗布と付帯塗装

本日は雨樋の中塗りからスタート。

川崎市宮前区:雨樋中塗り

茶色のシリコン塗料をローラーで重ねていきます。樋の裏側も外壁との隙間にローラーを入れてしっかり塗膜をつけていきます。もう少し間隔が狭い場合は、ベンダーという平べったい塗装道具で塗り込みます。支持金具のような細かいところは刷毛で仕上げて、塗り落しがないように。場所によって道具を適時変えることで、手早くきれいに塗膜をつけていきます。

川崎市宮前区:破風下塗り

川崎市宮前区:帯板下塗り

次は破風や帯板の下塗りを進めました。下地と塗料の密着性を高めるプライマーを塗布して、上に重ねていく塗膜がはがれにくくなるようにしていきます。ツヤが出るくらいに刷毛でたっぷり重ねて、塗りムラや掠れのないように仕上げました。

プライマーは透明ですが、ここできれいに塗っておかないとシリコン塗料を塗布したときに、その塗りムラやハケ目が出てきてしまうので、平滑にすることが大切なのです。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00