横浜市旭区での塗装工事、鉄部ケレン・サビ止めと屋根下塗り

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市旭区 鶴ヶ峰で行った塗装の様子をお届けします。
担当職人は一級塗装技能士の川口がリーダーとなり、山之内と共に施工しました。
今回はまず、屋根鉄部のケレンから開始します。
横浜市旭区:屋根鉄部
横浜市旭区:屋根鉄部ケレン後
(写真がぶれていてすみません)
雨押さえや雪止め金具といった鉄部を研磨して、サビや汚れを取り除きながら細かい擦り傷をつけていきました。サビも洗浄で落ちなかった汚れも落とすことで、塗装面を平滑に仕上げます。
細かな傷をつけるのは、下地がツルツルしていると塗料の食い付きがよくないため。塗装面をあえてザラザラにして、その小さな凹凸に塗料をしっかり密着させて剥がれにくい塗膜に仕上げます。
屋根の鉄部によく使用するケレン道具は、サンドペーパーやナイロンたわしです。
一枚目の写真はケレンゴミを掃除する川口の姿。
横浜市旭区:屋根材のひび割れ
横浜市旭区:屋根材の補修
屋根材は一部ひび割れが発生していたため、補修材をひびの内部に埋めるように乗せて表面を平らに整えておきました。
ケレン後の屋根鉄部にはサビ止めを塗布していきました。サビの再発を防いで、鉄部の耐久性を向上させる役割があります。鉄部は傷みやすい部位でもあるので、下塗りで強度を付加することが大切です。
横浜市旭区:屋根シーラー塗布
横浜市旭区:屋根シーラー塗布2
サビ止め塗布が完了後、シーラーで屋根材の下塗りをしました。このシーラーというものは、屋根材をガッチリ固めて強化させたり、塗料の密着度を向上させる働きがあります。表面がしっとりと濡れたような状態になるまで、ふんだんに塗布して仕上げます。
屋根材の傷みが激しい場合、一度塗布しただけでは全て内部に吸込まれてしまうことがあります。その際は、吸込みがおさまるまで繰り返し、染み込ませるようにシーラーを重ねます。ここで吸込み止めをしておけば、中塗り塗料を重ねたときに塗りムラが出にくくなるので、均等に塗膜をつけることができます。
横浜市旭区:換気扇フードカバーサビ止め塗布
横浜市旭区:軒換気孔のサビ止め塗布
屋根の下塗りの次は、換気扇フードカバーや軒の換気孔などもケレンとサビ止め塗布を行いました。細かな部分はワイヤーブラシで研磨して、全体に擦り傷をつけてから下塗り(サビ止め)しています。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top