保土ヶ谷区での塗装工事、雨樋中塗りと窓枠下・中塗り

今回は横浜市保土ヶ谷区の現場から、塗装工事の様子をお送りします。
担当した職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある川口です。

横浜市保土ヶ谷区:縦樋中塗り

前回に引き続き、まずは雨樋の中塗りを進めました。下塗りを終えている縦樋に、刷毛とローラーを使い分けて塗料を重ねていきます。細かなところは刷毛で隅まで塗り込み、全体は塗料の飛散が少なく、平滑に塗装できるローラーを使用しました。ムラや塗り落しのないように塗膜をしっかりつけて、紫外線や風雨から保護します。

次は窓枠の塗り替えに進みます。

横浜市保土ヶ谷区:窓枠シーラー下塗り

横浜市保土ヶ谷区:窓枠シーラー下塗り2

最初に浸透シーラーを刷毛で塗布して、下地と塗料の密着度を強化していきました。塗膜を剥がれにくくさせ、長持ちする塗装のためには欠かせない工程です。
シーラーを塗布したところは、濡れた質感になり色が濃くなったように見えますね。掠れや、塗り落しが出ないよう、たっぷり塗布していきます。

横浜市保土ヶ谷区:窓枠中塗り中

横浜市保土ヶ谷区:窓枠中塗り後

下塗りが乾燥したあとは、シリコン塗料で中塗りをします。元々は茶色の窓枠でしたが、今回は赤みの入った紫色で塗装していくことに。少し渋みのある色合いですが、濃色なのでお家のいいアクセントになりそうです。

仕上がった窓枠は鮮やかで、つややかな光沢のある塗装になりました。中塗り時点でも塗膜はしっかりついていますが、上塗りをして更に厚みをつけながら美しく塗り上げていきます。
次回は、屋根や外壁の施工へ移り変わります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00