横浜市旭区での養生剥がしとタッチアップで美観向上

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市旭区 鶴ヶ峰本町での施工風景をお届けします。担当した職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある川口。
約15回程にわたってこちらのお宅の様子をお送りしてきましたが、あと少しで施工が完了となります。
横浜市旭区:屋根縁切り部タッチアップ
横浜市旭区:屋根縁切り部タッチアップ2
この日は、縁切りをしてタスペーサーを入れた屋根のタッチアップ(補修塗り)をしました。屋根材の隙間に差し込んだタスペーサーは黒く、塗り替えた屋根の色と差があります。そこを刷毛で屋根と同色に塗って目立たないようにしました。
写真で見ると、タッチアップしたところは色の薄さが見えるかと思います。ですが、塗料は乾燥すると色味が濃くなりますので、完全に乾くと他の部分と同様に馴染んだ仕上がりになります。
次は外壁を塗るために覆っていた養生を撤去していきました。マスカーやマスキングテープに付いている塗膜片が落ちないように内側にまとめながら、剥がします。
養生をしていても、100%完璧に塗料漏れを防ぐことは難しいので、付着のある場所を拭き取ったり削り落としてきれいに仕上げます。
横浜市旭区:ベランダ内養生剥がし
横浜市旭区:べランダ壁タッチアップ
ベランダ内の養生も剥がしていくと、シャッターボックスと外壁の塗り分け線がきれいに出ました。手すり下の内壁と外壁の境界部分や、ベランダ立上りの塗り分け線が真っ直ぐになるように再度修正。
どれもとても細かな、そして、労力や手間を必要とする作業です。それらが積み重なり、家全体の美観や印象に繋がっていくため、わずかな汚れもそのままにすることはできません。また、付着だけではなく、掠れや透けている箇所も目を凝らしてチェックしながら、補修塗りをして仕上げました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top