横浜市旭区での塗装施工事例、屋根下・中塗り、外壁中・上塗り

今回は横浜市旭区 白根の現場から施工風景をお届けします。
この日は、一級塗装技能士の星野が中心となり、屋根と外壁の塗替えをしました。

先ずは、前回パーフェクトフィラーで下塗りした外壁を中塗りしていきます。

横浜市旭区:下塗り後のベランダ外壁

こちらは下塗りが完了したべランダ外壁。真っ白に覆われています。

横浜市旭区:外壁中塗り

濃厚なシリコン塗料をたっぷりと重ねて、厚みのある塗膜をつけていきます。凸凹のある壁なので、谷部分にもしっかり塗料が付着するように、縦横にローラーを転がしてムラなく仕上げます。

こちらの現場は、家2軒分程の大きさがある戸建て住宅。それだけ塗料の消費も多くなりますし、塗る際の労力もかかります。

ローラーは塗料の含みが悪くなったり、固くなってきたら替え時です。そのまま使用していると飛散も多くなってしまうので、新しいローラーに取り替えて再び塗装開始です。

横浜市旭区:屋根下塗り

横浜市旭区:屋根下塗り後

こちらは屋根にシーラーを塗布して下塗りしているところです。シーラーは塗料の密着力を強化させる接着剤の役割を果たす材料。たっぷり浸透させるように屋根材に塗布していきます。シーラーは密着不良を防ぐだけでなく、屋根材の内部に染み込んで素地を強化する働きもあります。

屋根が傷んでいる場合は塗布したシーラーが全て吸込まれてしまうことも。その際は、吸込みが収まるまで何度も塗布して、表面がしっとりと濡れたような状態に仕上げます。吸込み止めをしておくことで、上に塗布する塗料の塗りムラが出にくくなり、美しく仕上げられるのです。

横浜市旭区:外壁上塗りダメ込み

その後は外壁の上塗りに入りました。まずは刷毛でダメ込みから開始。刷毛にたっぷり塗料を含ませて、帯板の上を塗っています。ローラーが入りにくいところを先に塗ることで、塗り漏れや掠れを防いで均等に塗料を付着させていきます。

そして次は屋根の中塗りに入りました。

横浜市旭区:屋根中塗り

横浜市旭区:屋根中塗り完了

今度は鉄部と共に全体にシリコン塗料を重ねて塗膜をつけていきました。こちらも外壁と同様に、惜しみなく塗料を塗布して艶やかな厚膜に仕上げていきます。

塗装は塗膜で家を保護するために行います。密着度を高めて下地から剥がれにくくすることはもちろん、耐久性を上げるために塗料は適切に希釈した濃厚なものを使用して、ふんだんに重ねます。

屋根材のカラーベスト・アーバニーは魚の鱗のよう形状をしているため、次回は目地を刷毛でダメ込みしてから上塗りをしていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00