横浜市旭区での塗装工事、外壁中・上塗りと屋根上塗りダメ込み

株式会社塗装職人ブログ
今回は横浜市旭区 白根の現場の塗装風景をお届けします。
職人は一級塗装技能士の星野が担当しました。
先ずは外壁中塗りの続きから開始。
横浜市旭区:外壁中塗り
パーフェクトフィラーをたっぷり塗布した外壁にシリコン塗料を重ねていきます。ローラーを縦横によく転がして、塗りムラや掠れのない塗膜をつけます。
塗装は塗膜によって家を傷みから守るので、厚みのある保護膜に仕上げることが重要です。厚みがまばらであれば、耐久性にも影響が出てしまうので、可能な限り均等に塗布していきました。
横浜市旭区:外壁中塗り後
ぼってりした下塗り材で厚みがついているので、中塗りは塗料の吸込みもなく、肉厚に塗膜が形成されています。
遠目では少し見えにくいかもしれませんが、塗料のきれいな光沢も輝いています。
横浜市旭区:外壁上塗り、養生剥がし後
乾燥後、上塗りを行い、さらに塗膜をつけて仕上げとなります。中塗りの時点でも、3度塗りしたかのような厚みがありますが、より肉厚に、美観も向上するように塗り上げました。
塗料が半乾きくらいの状態で、窓を覆っていた養生を剥がしました。完全に乾ききってしまうと、テープとともに塗膜まで剥がれてしまう恐れもあるからです。
窓枠周りは真っ直ぐに塗り分けの線を出すことができました。
次は屋根の上塗りダメ込みをします。
横浜市旭区:屋根上塗りダメ込み
横浜市旭区:屋根上塗りダメ込み2
鉄部を刷毛で仕上げながら、その周囲の屋根の目地内に塗料を塗り込んでいきます。
鉄部は刷毛を軽快に動かし、ハケ目を出さないように塗装。平滑に艶やかに仕上げていきます。中塗りと上塗りでは塗料の色が違いますが、こうすることで塗り落しや掠れが判りやすくなります。
次回は屋根の全体に塗料を塗布して、厚膜をつけていきます。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top