横浜市旭区での塗装工事、外壁中・上塗りと屋根上塗りダメ込み

今回は横浜市旭区 白根の現場の塗装風景をお届けします。
職人は一級塗装技能士の星野が担当しました。

まずは外壁中塗りの続きから開始。

横浜市旭区:外壁中塗り

パーフェクトフィラーをたっぷり塗布した外壁にシリコン塗料を重ねていきます。ローラーを縦横によく転がして、塗りムラや掠れのない塗膜をつけます。

塗装は塗膜によって家を傷みから守るので、厚みのある保護膜に仕上げることが重要です。厚みがまばらであれば、耐久性にも影響が出てしまうので、可能な限り均等に塗布していきました。

横浜市旭区:外壁中塗り後

ぼってりした下塗り材で厚みがついているので、中塗りは塗料の吸込みもなく、肉厚に塗膜が形成されています。
遠目では少し見えにくいかもしれませんが、塗料のきれいな光沢も輝いています。

横浜市旭区:外壁上塗り、養生剥がし後

乾燥後、上塗りを行い、さらに塗膜をつけて仕上げとなります。中塗りの時点でも、3度塗りしたかのような厚みがありますが、より肉厚に、美観も向上するように塗り上げました。

塗料が半乾きくらいの状態で、窓を覆っていた養生を剥がしました。完全に乾ききってしまうと、テープとともに塗膜まで剥がれてしまう恐れもあるからです。
窓枠周りは真っ直ぐに塗り分けの線を出すことができました。

次は屋根の上塗りダメ込みをします。

横浜市旭区:屋根上塗りダメ込み

横浜市旭区:屋根上塗りダメ込み2

鉄部を刷毛で仕上げながら、その周囲の屋根の目地内に塗料を塗り込んでいきます。
鉄部は刷毛を軽快に動かし、ハケ目を出さないように塗装。平滑に艶やかに仕上げていきます。中塗りと上塗りでは塗料の色が違いますが、こうすることで塗り落しや掠れが判りやすくなります。

次回は屋根の全体に塗料を塗布して、厚膜をつけていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00