東京都大田区での下屋根トタン部塗装、遮熱塗料で省エネ

本日は東京都大田区の現場から、施工風景をお送りします。

こちらの現場での塗装工事も、残すところあとわずかとなりました。今回は下屋根のトタン部を仕上げて屋根塗装を完了させます。サーモアイの下塗り材を塗布した部分に、中塗り材を重ねていきます。

東京都大田区:下屋根トタン部中塗り

トタン部はフラットに仕上げるため、毛足の短いローラーを使用して、ハケ目を出さないように塗装。塗布した面が、鏡面のようにツヤツヤとした光沢が輝くように塗料を重ねています。天窓部分に塗料が付着していますが、マスカーできっちり養生をして固定しているので、心配はありません。思い切った作業を可能にし、作業効率をアップさせるためにも、養生を丁寧に行うことは欠かせないのです。外壁との境界は養生ができないので、真っ直ぐきれいに仕上げるのは職人の腕の見せ所でもあります。

東京都大田区:下屋根トタン部塗装

東京都大田区:下屋根トタン部塗装2

遮熱塗料のサーモアイは、上塗り材で反射できなかった赤外線を吸収させずに、透過させることで下塗り材の遮熱性能を存分に発揮させます。下塗り~上塗りのトータルで日射反射率をアップ。

屋根温度の上昇が抑えられると、屋根下の室内温度が低くなり、ひいては冷房器具の使用も抑えられるのでエコですね。これからの暑くなる季節にはもってこいの塗料と言えると思います。

中塗り完了後は上塗りを重ね、より塗膜の厚みをつけながら、耐久性を高めて完成となりました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00