横浜市旭区での外壁塗装施工事例、下・中塗り、屋根上塗りダメ込み

今回は横浜市旭区の施工風景を掲載します。
手先が器用で、シーリングや防水も行う、職人・曽根カズが中心となって進めていきました。

曽根カズ

まずはサイディング外壁の下塗りから開始。

シーラーを塗布して、下地と塗料の密着力が強化されるようにします。
外壁は、屋根と比較すると塗膜が剥がれるということは多くはありませんが、全く無いわけではありません。外壁を傷みから守るためにつける塗膜ですから、簡単に剥がれてきてしまっては困りますね。下塗り材を全体にくまなく塗布することで、塗料の食い付きを向上させて、剥がれにくい塗膜をつける準備をします。

横浜市旭区:外壁シーラー下塗り後

シーラーは透明、もしくは乳白色なので色が付くことはありません。水のようにサラサラな液状なのでローラーに含ませたら、缶の中で適量に切ってから壁に乗せます。色はつきませんが、光沢感が出るので、それを目安にしながらムラなく全体に塗布して仕上げていきます。

下塗りを十分に乾燥させたあと、中塗りを進めます。

横浜市旭区:外壁中塗り中

横浜市旭区:外壁中塗り完了

シリコン塗料を惜しみなく重ねて塗膜を厚くつけていきました。ローラーは一定方向にだけ動かすと、目地や模様内にしっかり塗料が付着しません。また、塗膜の厚みにもムラができやすくなってしまうので、縦横に転がして均等に仕上げています。

中塗りはブルー系の色を使用していますが、上塗りではグレー色の塗料で塗替えしていきます。中塗りと上塗りの色を変えることで、塗り落しや掠れが目に見えて分かりやすくなるので、作業がしやすいのです。また、しっかり3度塗りをしているのかどうかの確認をしたい、というご希望をお客様から頂くこともありますね。

中塗り後は場所を屋根に移して、上塗りダメ込みに入りました。

横浜市旭区:屋根上塗りダメ込み

横浜市旭区:屋根上塗りダメ込み2

ダメ込みとは、ローラーの入りにくい所を先に刷毛などで塗装しておくことを言います。ここでは、屋根の雨押さえや雪止め金具といった鉄部、屋根材の重なり部分をあらかじめ塗り込んでおきました。細部を仕上げておくことで、あとは広範囲に塗料を重ねるのみとなります。全面塗装をする度に、細かな場所を塗り込む必要がなくなるので、スピーディーに作業を進められます。

次回は、樋や軒天などの付帯部を塗替えていきます。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00