茅ヶ崎市での住宅施工、屋根の高圧洗浄

株式会社塗装職人ブログ
今回は茅ヶ崎市矢畑での施工風景をお送りします。職人は一級塗装技能士であり、今年、塗装指導員にもなった星野が担当しています。
こちらのお宅では屋根の塗替えのみ行います。まずは水洗いをして、汚れや付着物を取り除いていきます。
特に屋根塗装では、汚れやコケなどが残った状態で塗替えをしても、下地と塗料がしっかり密着できずに塗膜剥がれの原因に繋がることが考えられます。
よい塗料を惜しみなく塗布して厚膜に仕上げても、短期間で剥がれてきては屋根を十分に保護できません。塗装を長持ちさせるためには、下地の状態を整えてから塗替えを開始することが大事なのです。
茅ヶ崎市矢畑:足場
茅ヶ崎市矢畑:シートをかけた足場
足場の周りにはメッシュシートかけて、洗浄時の泥水が周囲に飛び散らないようにします。また、風があるとシーラーのような水っぽい材料は特に飛散しやすいため、その防止の意味合いもあります。このとき、足場は屋根より高く組んでもらいましょう。
洗浄の日は、ご近所の方へ洗濯物をなるべく干さないで頂けるようにお願いしています。雨の日であれば、洗濯物を干す人はいないので、そういう時に洗浄できると一番いいですね。
茅ヶ崎市矢畑:洗浄前の屋根
茅ヶ崎市矢畑:洗浄後の屋根
水洗いに使用するのは、最高150キロ圧で水が噴射される高圧洗浄機。このジェット水流で汚れを洗い落していきます。
築年数が経過しているお宅の屋根は、往々にコケが一面を覆っています。こちらの屋根も茶色いコケがあちこちに発生していたので、水流を当てて削りとるように洗い落としていきました。ノズルをあまり早く動かしても、こびりついたように生えているコケはきれいに除去できないので、スレートに沿ってしっかり往復させながら落とします。
水洗い後は2枚目の写真のように、きれいさっぱりとした屋根になりました。奥の屋根はまだ洗浄していないので、手前と比べるといかに付着物がついていたかが分かますね。
これで、下塗りに使用するシーラーがしっかり浸透する下地に整えられました。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top