横須賀市での塗装工事、軒と破風下塗りで塗装長持ち

本日は横須賀市久里浜で行った塗装工事の様子を掲載します。横須賀育ちの一級塗装技能士・川口が施工を担当しました。

今回は軒や破風板をシーラーで下塗りします。下地と塗料の密着度を向上させて、剥がれにくく長持ちする塗膜に仕上げるための重要な工程です。

横須賀市久里浜:軒シーラー下塗り

横須賀市久里浜:破風シーラー下塗り

筋交い刷毛にシーラーを含ませ、軒や破風板に塗布しています。透明な材料なので見る角度を変えながら塗り落しがないように。塗り終えた所はツヤツヤとした光沢が輝いていますね。

横須賀市久里浜:塗膜剥離のある軒

一部の軒は塗膜が傷んでおり、ボロボロ剥がれてくる状態でした。黒ずんだ汚れも付着しています。このまま上から塗装をしても、弱った塗膜からまた剥がれてきてしまう恐れがあるため、ケレンをして塗膜を削り落していきます。

ケレン作業でよく使用されるナイロンたわしや皮すきなどを使用して、ゴシゴシと擦り落します。また、微細な擦り傷がつくことで塗料のひっかかりができ、食い付きが向上するのでより剥がれにくい塗膜に仕上がります。

横須賀市久里浜:ケレン後の軒

横須賀市久里浜:軒のケレン2

研磨後はこのように、ほとんどの塗膜が剥がされて素地が露わになりました。まだ下地としっかり密着している活膜はそのままにしています。せっかくくっついているところを削ってしまってはもったいないですからね。

他の面のケレンも進めていきます。下屋根には取り除いた塗膜片が散らばっていますが、周囲に飛び散らないように掃除をしてから次の作業に取り掛かります。

横須賀市久里浜:シーラー塗布後の軒

横須賀市久里浜:シーラー塗布後の玄関前軒

ケレンをした所や、玄関前などの軒にもシーラーを塗布していきました。たっぷり内部に染み込ませるように塗り込んで、下地を強化。傷みが激しいところは内部に吸込まれてしまうので、吸込みがおさまるまで重ねます。

代表・曽根
一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top