横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、養生と鉄部・木部塗装

今回は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子を掲載します。
一級塗装技能士の星野、二級の曽根カズが工事を担当しました。

まずは塗装に入る前に、塗料の付着予防をするために養生をします。

横浜市保土ヶ谷区:室外機の養生

横浜市保土ヶ谷区:足場付近の養生

一枚目の写真は室外機にテープ付きビニール(マスカー)をかけている曽根。全てを完全に塞がずに、吹き出し口などを避けてカバーします。
足場にはメッシュシートがかけられていますが、完全に床まで届いていない場合があります。すぐお隣にはお家もあるため、ビニールを上から貼ってしっかり固定しておきました。

養生後は鉄部のケレンに移行します。

横浜市保土ヶ谷区:庇ケレン

付着物を取除きながら、細かな研磨傷をつけているところです。鉄部はツルツルとしているため、あえて傷をつけることで塗料の食い付きをよくして、塗膜を剥がれにくくさせるのです。

ちなみに曽根が右手に持っているのがナイロン製のハンドパット。左手に持っているのは皮スキという金ベラで、ケレン以外にも塗料の缶を空けたり、縁切りしたりと他用途に使える道具です。

横浜市保土ヶ谷区:庇ダメ込み

ケレン後はサビ止めを塗布して、サビが発生することを防ぎます。
まずは外壁との境を刷毛で仕上げていきました。いきなりローラーで塗装しようとすると、はみ出しが不安になりますし、スケや掠れが出やすくなってしまいます。細部を先に仕上げることで、その後の全面塗装がスムーズに進みます。

横浜市保土ヶ谷区:庇サビ止め塗布

見切り線を出したあとはローラーで全面塗装です。
鉄部はフラットに仕上げたいので、短毛ローラーでムラや塗布跡を出さずに広げていきます。端から端まで塗り込み、傷みやすい鉄部の耐久性を向上させました。

次は屋根の上で、雨押さえなどの鉄部の作業です。

横浜市保土ヶ谷区:鉄釘打ち直し

横浜市保土ヶ谷区:雨押さえケレン

横浜市保土ヶ谷区:屋根鉄部下塗り

築年数がある程度経っているお宅の屋根では、たいがい雨押さえを固定いている釘が飛び出していることが多いです。塗装工事の際にはしっかり打ち直しておきます。
その後ケレンを行い、サビ止め効果のあるパーフェクトプライマーという材料を塗布して下準備。

横浜市保土ヶ谷区:破風板下塗り

横浜市保土ヶ谷区:破風板下塗り後

破風などの木部もケレンから開始。
弱った塗膜を削り落し、全体に微細な傷をつけておきます。その後は屋根鉄部と同様に、パーフェクトプライマーで下塗りをしました。この材料は柔軟性に優れているので、木部のような動きのある素材にも適しているのです。ムラにならないように刷毛でたっぷり塗布して仕上げました。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00