横須賀市での塗装工事、外壁ダメ込みと雨樋・破風塗装

今回は横須賀市久里浜から塗装現場の様子をお送りします。施工は一級塗装技能士の職人・川口が中心となって進めました。

横須賀市久里浜:破風塗装後

横須賀市久里浜:雨樋塗装後

先回途中まで塗替えを進めた雨樋と破風は、引き続きシリコン塗料を重ねて塗膜の厚みをつけていきました。

樋も破風も陽の光を浴びて、艶やかできれいな光沢が輝く仕上がりとなりました。外壁を塗り替えてきれいになると、もし、付帯部分の塗装が適当であれば、そこが悪目立ちしてしまいます。細部の完成度が全体にも影響すると思うので、きっちり仕上げて美観を向上させました。

横須賀市久里浜:外壁ダメ込み

横須賀市久里浜:外壁ダメ込み2

外壁は上塗りのダメ込みをしました。給湯器類のホースが重なった部分や、サイディング外壁の目地の中は塗料が付着しにくい部分でもあります。ローラーで無理に塗ろうとすると、そこだけぼってり塗料が乗って垂れてしまうことも。そのため、あらかじめ場所に適したサイズの刷毛で塗り込むことで、塗膜を均一な厚みに仕上げていきます。

次回は全体に塗料を行き渡らせて、外壁塗装の仕上げとなります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00