横浜市旭区での屋根塗装、破風仕上げで耐久性アップ

本日は横浜市旭区の施工現場の様子をお送りします。

外壁、屋根の塗替えは完了し、残す塗装箇所は破風の一部と門塀のみとなりました。今回は職人・曽根カズが破風の仕上げをしていきます。

横樋との隙間にも刷毛を差し込んで、奥までしっかり塗料を重ねて塗膜をつけます。こういう箇所はよほどのことがなければ、きちんと塗っていなくても分からない箇所です。ですが、目立つから目立たないからというのではなく、どのような場所でも耐久性のある塗膜に仕上げるのが当社の職人のプライドなのです。

ここからは塗装の仕上がった箇所を見ていきましょう。

横浜市旭区:塗装後の屋根

横浜市旭区:塗装後の屋根2

横浜市旭区:塗装後の屋根拡大

横浜市旭区:塗装後の下屋根

屋根はコロニアル・アーバニーという、屋根材の1枚1枚に目地がある形状。とてもおしゃれですが、塗装をする方としては、この目地の間を塗るのが非常に手間のかかる大変な屋根でもあります。シーラーで塗料の密着度を強化してから、シリコン塗料を目地奥まで付着させて厚みのある塗膜を形成しました。

下屋根も大屋根と同様に塗替えしており、こちらもきれいな光沢が輝く仕上がりとなっています。

横浜市旭区:塗装後の雨樋

横浜市旭区:塗装後の軒

雨樋は、施工前はかなりの土とコケが溜まっていましたが、それらを除去してからの塗替えとなりました。濃厚に塗料を3回重ねて、ツルツルとした美しい厚膜が形成されています。色も真っ白になり、スッキリとした印象になったのではないでしょうか。

軒も周囲のものを映し込むくらいに、艶やかできれいな仕上がりになりました。

横浜市旭区:塗装後の外壁

外壁はモルタルのパネルが連なっている形式で、目地は肉厚にシーリングの打ち替えをして隙間風や雨水の浸入をシャットアウト。その上から3度塗りで、耐久性のある塗膜をつけています。凹凸のある壁の肌も、塗膜で少し丸みを帯びたように感じます。

横浜市旭区:外観

お宅の全体図はこのようになりました。足場解体までは周囲のメッシュシートをまくり上げておきます。

次回は足場の解体後のお宅の様子を掲載しつつ、門塀塗装の風景をお送りします。

番外:
お宅の様子を見にきていた見積もり担当の菊池と、彼が仕事で使用している車。塗装職人・代表のイラスト入りです。

横浜市旭区:見積もり担当と車

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00