横浜市保土ヶ谷区での塗装工事、軒上塗りと外壁下塗りで省エネ向上

今回は横浜市保土ヶ谷区で行った施工の様子をお送りします。
担当職人は一級塗装技能士の星野と、二級の曽根カズ。

前回、シーラーで下塗りをした軒の上塗りをしていきます。

横浜市保土ヶ谷区での施工事例、軒裏ケレンと下塗り

横浜市保土ヶ谷区:軒上塗り

横浜市保土ヶ谷区:軒上塗り2

横浜市保土ヶ谷区:軒上塗り完了後

まずは軒と外壁の境界を刷毛で塗り込みました。これは専門用語で「ダメ込み」と呼ばれており、ローラーだけでは塗りにくい細部などを、先に塗装することを指します。このダメ込みをすることにより、塗り落しや掠れを防ぎ、ローラー塗装をスムーズに進められます。

次に、ローラーで全体に塗料を行き渡らせて塗膜をつけていきます。ローラーを転がすときは、あまり力を入れずに動かして一定の厚みに仕上げていきました。仕上がった軒は真っ白に塗り上げられ、光りを反射しています。軒裏がきれいになるとお宅も明るい印象に見えてきませんか?

横浜市保土ヶ谷区:外壁下塗り

横浜市保土ヶ谷区:外壁下塗り後

軒の塗装の後は、外壁の下塗りに入りました。こちらのお宅では屋根と外壁の両方を断熱塗料のキルコートで塗装します。まずは専用のシーラーをたっぷり塗布して、下地と塗料がしっかり密着するようにします。軒との境を先に塗ってから、ローラーを縦に転がしていき、ある程度のところで横方向にも転がしてまんべんなく塗布。サイディングの目地内や模様の窪みにもしっかり付着させていきました。

塗布後はシーラーの白さが残っていますが、乾燥すると透明になります。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00