トタン屋根の腐食を放置しすぎると台風が不安になる

トタン屋根の錆は案外と放置してしまいがちです。

いうまでもなく錆はやがて穴が開いてしまい、もしそうなったときは雨漏りにつながってしまいます。

言われなくても知っている、大きなお世話と言われるかもしれませんが、錆が発生した後と前では塗装作業の手間も変わってくるうえ、塗装した後の耐久性も変わってきます。

やはり一度錆が発生してしまうと、錆が発生しない状態のまま塗装したトタン屋根よりも耐久性が落ちてしまう傾向にあります。

厳密にいうとまた錆の発生頻度が上がってしまう、要するに再度発生する確率があがってしまうということですね。

https://nuru.co.jp/work/yanagisama.html

もしトタンが腐食して穴が開いてしまった場合はというと処置方法には2通りあります。

ひとつは応急処置的なものです。

交換には費用が掛かるため、本格的に工事をするまでに一時的にシール屋エポキシ樹脂等で埋める場合です。

素人の方はたまにアルミテープなどを貼っている方を見かけたりしますね。

もう一つの方法はトタンの張り替えです。

下の画像は穴というより完全に下地や桟の心木などが露出してしまっています。

この場合などは応急というわけにもいかず、張り替えという方法をとらざるを得ない場合にもなってしまいます。

いずれも穴が開くということはよほど放置しているということなので、まだ錆の段階で塗装が望ましいのは言うまでもありません。

トタンも熱せられると暑くなるため今は遮熱タイプの塗料もあります。

トタンのお家は築年数が経過したものが多いため塗り替えの方向で考える方が多いと思いますが、まだまだお家の寿命が先という場合には、メンテナンスがほぼ不要といわれるこのような張り替え(葺き替え)という方法もあります。

屋根は穴が開いてしまうと下地が弱くなって釘などトタンのとの取り付け接合部も脆弱になって、強風や台風などで飛ばされてしまうなどの不安につながるので一度点検をしてみてはいかがでしょうか?

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

※印は必須項目です

※お名前
※ご住所 郵便番号

都道府県
市区町村
以降の住所
※電話番号
ご連絡希望時間帯
メールアドレス
※ご用件
メッセージ

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top