ALC塗装、肉厚下塗りフィラーで耐久性アップ

今回は横浜市神奈川区の施工風景をお届けします。
職人も同様に、一級塗装技能士の竹内が担当しました。

3階建てALC(軽量発泡コンクリート)外壁のこちらの現場、前回はフィラーによる下塗りをしましたが、今回も引き続き下塗りを続けて参ります。

ALC塗装、外壁のひび割れ防止の下塗り

横浜市神奈川区:ALC外壁2回目下塗り

横浜市神奈川区:ALC外壁2回目下塗り2

横浜市神奈川区:ALC外壁2回目下塗り3

未塗装面にパーフェクトフィラーをたっぷり重ねていきました。フィラーはぼてっとした材料のため、肉厚に塗膜をつけることができます。その分、シーラーのようなサラサラとした材料よりローラーに重みが出ますし、塗りにくくなります。ただ、塗りにくいからと言って必用以上に希釈してしまうと、フィラーが持つ性能が失われてしまうので適切な希釈率で使用しています。

こちらの建物は築年数が27年程、今まで塗装工事をしたことがないということです。長い間紫外線、風雨に晒されてきた外壁です。しっかりと下塗りを2回行ったので、上に重ねる塗料もたっぷり使用することで、肉厚・耐久性の高い塗膜になるでしょう。

この日一日では1階の外壁まで下塗りを終わらせることができないため、後日続きを行っていきます。

このALC外壁塗装のくわしい各工程の作業の流れはこちら。

一級塗装技能士のほか「ひび割れの専門家」としての樹脂接着剤施工技能士の2つの国家資格と、塗装科・職業訓練指導員の所有者でもあります。 塗装業者さんはたくさんあれど、本質的な工事品質の差は「社長が職人の業者は現場に魂が宿る」という言葉に表されるのではないかと自分を戒め修行中です。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top