ALC塗装、肉厚下塗りフィラーで耐久性アップ

今回は横浜市神奈川区の施工風景をお届けします。
職人も同様に、一級塗装技能士の竹内が担当しました。

3階建てALC(軽量発泡コンクリート)外壁のこちらの現場、前回はフィラーによる下塗りをしましたが、今回も引き続き下塗りを続けて参ります。

ALC塗装、外壁のひび割れ防止の下塗り

横浜市神奈川区:ALC外壁2回目下塗り

横浜市神奈川区:ALC外壁2回目下塗り2

横浜市神奈川区:ALC外壁2回目下塗り3

未塗装面にパーフェクトフィラーをたっぷり重ねていきました。フィラーはぼてっとした材料のため、肉厚に塗膜をつけることができます。その分、シーラーのようなサラサラとした材料よりローラーに重みが出ますし、塗りにくくなります。ただ、塗りにくいからと言って必用以上に希釈してしまうと、フィラーが持つ性能が失われてしまうので適切な希釈率で使用しています。

こちらの建物は築年数が27年程、今まで塗装工事をしたことがないということです。長い間紫外線、風雨に晒されてきた外壁です。しっかりと下塗りを2回行ったので、上に重ねる塗料もたっぷり使用することで、肉厚・耐久性の高い塗膜になるでしょう。

この日一日では1階の外壁まで下塗りを終わらせることができないため、後日続きを行っていきます。

このALC外壁塗装のくわしい各工程の作業の流れはこちら。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top