現場で遭遇したくないもの

お久しぶりです。職人の岡井です。

10日連続の真夏日で身体が疲れます。現場ではこまめに水分補給し、連日熱中症に気をつけています。

夏場は屋根や足場が高温になるので、やけどに気をつけています。しかし、注意していても、思わぬアクシデントに遭うことがあります。

それは蜂です。

先日、横浜市栄区の現場で、養生をしている最中のことでした。ひさしの横にこぶし大の大きさの蜂の巣を発見しました。(下の写真のひさしの右側にある花のようなものがそうです)

蜂の巣はアシナガバチが数匹で、せっせと巣作りの最中でした。自分は、ゆっくりと後退しましたが、その直後、突然首に鋭い痛みを感じました。刺されてしまったようです。

しかし、今回が初めてではないので、落ち着いて応急処置をしました。まず、刺された箇所の毒を絞り出す。そして、洗浄して氷で冷やす。そのあと、近くの診療所に行って、手当をしてもらいました。

大事には至らなかったですが、やっぱり蜂は怖いです。蜂の巣は、専門の方に駆除してもらいました。

真夏は熱中症だけでなく、暑さで行動が活発になる蜂にもお気を付け下さい。

神奈川・東京の外壁塗装の株式会社塗装職人です。 施工は全て一級塗装技能士という国家資格を持った職人が行います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00