【質問】フッ素の遮熱塗料で屋根塗装することにしました。明るい色を選ぶ人は少ないですか?

フッ素の遮熱塗料で屋根塗装

雨ですね。

サクラは大丈夫でしょうか?

毎年満開近くというときに限って、風が強くなったり雨が強く降ったりとそんな印象です。

今日も一級塗装技能士が回答していきます!

 

こちらが本番でさらに正確に知恵袋にて回答しているものになります。

 

質問

日本ペイントのフッ素遮熱塗料「サーモアイ4F」で屋根を塗装することにしました。
家の外観は南欧風なのですが、屋根はダークブラウンのスレート葺です。

この機会に屋根の色を明るいものに変えたいと思い、見本帳をめくったところ「クールビンテージローズ」という色に目が留まりました。
しかしメーカーの説明書きでは「工場や倉庫にオススメの清涼色」とのこと。

どうやらメーカーは、戸建て住宅には重厚色を使うことをイメージしているようです。
清涼色18色の中から戸建住宅用に色を選ぶ人は珍しいのでしょうか?

外壁は白に近い明るめのベージュを予定しています。

 

回答

一般的な戸建て住宅の場合、屋根がスレートだとしたら、外壁より屋根の色が濃いパターンが9割くらいではないでしょうか。
ブラウン系、チョコレート系、ナスコン、濃いグリーンなど重厚な色が好まれます。
つまりメーカーのイメージ通りです。

※ただし乾式洋瓦(モニエル瓦)の場合は、薄いオレンジやうすい黄色もよく見かけます。

濃い色が好まれる理由の一つは、色彩のメリハリの問題です。
外壁が明るいベージュの場合、屋根がビンテージローズだとぼんやりした印象になってしまいます。カラーバランスを考えると、濃い目の色と明るい色の方がバランスが取れます。
もちろんこれは、十分見える程度の傾斜が屋根にある家の話です。

色のバランスは屋根と外壁だけの話ではありません。
木部の破風や帯板、窓枠などさまざまな場所を色分けする必要があります。それらがすべて同じ色(あるいは同系色)になるとメリハリが失われます。

例えば外壁を明るめのベージュで塗るとします。窓枠や帯板も明るめのベージュで塗ってしまうと、家全体がぼやけてしまいます。
逆に濃い色でバシッと引き締めると、メリハリがついたした塗装が出来上がります。

ただし、機能面だけで考えると話は逆になります。
遮熱塗料のサーモアイの場合

・(重厚色)クールチョコレート=日射反射率28.4%
・(清涼色)クールベビーリーフ=日射反射率69.8%
・(清涼色)クールライトグリーン=日射反射率62.3%

日射反射率が倍ちがいます。遮熱効果もだいぶちがうでしょう。
機能か選ぶか、色を選ぶか、ですね。

 

アバター
神奈川・東京の外壁塗装の株式会社塗装職人です。 施工は全て一級塗装技能士という国家資格を持った職人が行います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top