誰もが信じる「この塗料を使えば15年持ちます!」のリスク。

この塗料を使えば15年持ちます!のリスク。

皆さん外壁塗装をする際、一番重要にするポイントはどこですか?

恐らく多くの人が塗料選びが大切だと言います。

そこで気を付けてほしいのが、「○○塗料を使えば15年持ちます!」「このメーカーの新商品は20年の耐久性があります!」という、耐久年数を誇張する業者さんの言葉です。


もちろん塗料にはそのような耐久性をもつ塗料も存在するかもしれません。

ただし! それは

 

”塗料自体の耐用年数”

であって、

”メンテナンスが不要になる年数”

 

とは全く別物だということを理解しなければなりません。

家は、様々な業種の職人さんが様々な材料を使って建てられています。

ひとつの個体で出来ているわけではなく、継ぎはぎだらけで出来ています。

 

外壁・軒天・破風・屋根・・

それぞれは素材が違うため、気温や湿度で伸びたり縮んだり反り返ったりします。

さらに台風、地震など自然現象で家自体も動いてゆがみ、その継ぎはぎは築年数が経てば隙間も生じてきます。

 

塗装で紫外線や雨からは守られても、これらはいくら良い塗料で塗ろうともまた別問題の話です。

内部からの結露が影響してくることだってあります。

 

塗装というものは、雨だれや汚れ、カビやひび割れを防止したり、色あせなどで古ぼけてしまった家をきれいにすることを言います。

その知識がないと、「○○塗料を使えば15年持ちます!」というような、どんな状況に対してもメンテナンスがゼロになるという勘違いで後悔することにもなりかねません。

 

外壁の何でもない部分に1㎡だけを塗れば、15年や20年はどのうよな塗料でも恐らく持つことが可能でしょう。

ただこれが家全体を塗るとしたら、全く話が変わってくるのです。

大切な我が家、塗料の種類だけに目を奪われないようにしましょう。

 

※社長回答、ヤフー知恵袋参考記事

家全体としてみたときと、ただ1㎡を塗った時の耐久性を一緒にすることはできないです。

「耐久性30年もつ塗料」と「家が30年持つ」とは違う意味

1平米の平面の板に塗るのと、外壁がつぎはぎだらけの家に塗るのではまったく意味が違ってきます。

 

アバター
神奈川・東京の外壁塗装の株式会社塗装職人です。 施工は全て一級塗装技能士という国家資格を持った職人が行います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top