養生で決まる外壁塗装の仕上がり

外壁塗装を計画して業者さんから見積書をもらったら順番的にどこの項目を見るでしょうか?

だいたい価格ですよね。
それから塗料の種類だったり施工の方法だったり平米数の面積が正確なのかどうかだったり。

塗装の知識がない方がほとんどだとは思うのですが、中には丁寧に細かく各項目の数値や施工方法が正しいのかどうか調べらる方もいます。
それでも”養生”に注目される方は少ないです。

実際に見積もり調査や契約のときにこの養生についての品質ややり方に対して質問してくる方はほぼいません。
それよりも耐久性に直接関係するような塗料の種類だったり、工程のことだったりします。

結局養生とは塗装をする際に塗料がついてはいけないアルミサッシなどの窓や玄関、床などの場所に塗料がつかないように保護するために養生をすることぐらいしか思いつかないでしょう。

でも塗装作業後の見た目の点においては、しっかり塗装のラインがまっすぐになっているのかどうかでも仕上がりの見た目も変わりますし、実は耐久性に関しても重要な意味を持つことだってあるのです。

神奈川・東京の外壁塗装の株式会社塗装職人です。 施工は全て一級塗装技能士という国家資格を持った職人が行います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

Back To Top