ALCの建物の雨樋塩ビ管などの下地調整

塗装職人ブログ
今回は、横浜市神奈川区の3階建てALC外壁で行った施工風景をお届けします。
職人は一級塗装技能士であり、塗装指導員でもある竹内が担当しました。
前回は高圧洗浄で家全体の汚れを取り除きましたので、今日はドレンパイプの下地調整と下塗りを開始します。
ドレンパイプを研磨
ドレンパイプ下地調整
ドレンパイプは表面がツルツルしているので、この状態で塗料を重ねても密着性が図れなく、塗膜が剥がれやすいです。
塗装を長持ちさせるためには、先ず下地調整をしてパイプの表面に塗料の引っ掛かりを作っていきます。
また、洗浄のみでは落ちなかった汚れもここで除去します。
今回はサンドペーパー(紙やすり)で研磨して微細な擦り傷をつけたり、汚れを取り除いていきました。この工程は、塗料を重ねてしまえば仕上がりには見えない部分なので、中には省いてしまう業者もいるかもしれません。
ですが、塗装の耐久性という形で影響が出るところなので、念入りに研磨していきます。
ドレンパイプ下塗り
横浜市神奈川区:ドレンパイプ下塗り後
下地調整が完了したら、次は下塗りに入ります。ミッチャクロンという、下地と塗料の密着力を強化するプライマーを塗布していきました。透明な材料のため、塗り落しがないようによく確認しながら塗布。
ドレンパイプの裏側も忘れずに、奥からハケを差し込んできっちり塗り込みます。
このときの竹内の手さばきは、丁寧かつ、とてもスピーディー。
スナップをきかせながらハケを上下に動かして仕上げていきます。
ただしこの写真の事例の外壁は鉄筋コンクリートなのでALCの場合は軽量気泡コンクリートです。
そのため欠損もしやすいため取り付け部の現場状況をみながら判断をします。
支持金具交換前
支持金具交換前
支持金具交換後
支持金具交換後
たっぷりプライマーを塗布し終えたパイプはつやつやとした光沢が出ています。これで、塗料の食い付きも向上して塗膜も長持ちすることが期待できそうです。

 

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

    ※印は必須項目です

    ※お名前
    ※ご住所 郵便番号

    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ※電話番号
    ご連絡希望時間帯
    ※メールアドレス
    ※ご用件
    メッセージ

    些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

    ■横浜店
    神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
    9時~20時 拡大地図はコチラ

    ■東京店
    東京都世田谷区用賀3-13-5
    10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

    Back To Top