必見‼ 未然に防いで良い経過を‼ 塗装工事・防水工事の落とし穴 

今回お話したいのは、トラブルが予測できる「外壁塗装」や「防水工事」についてです。
施工後のトラブルが予測できるのに、何も手を打たずに工事を終えてしまうと、トラブルが起きたあとの補修工事は本当に大変なものになります。
分かりやすい事例を、いくつかあげて説明しましょう。

よくある外階段の塗装トラブル

まずは、こちらの階段部分をご覧ください。
たまたま通りかかった横浜にあるマンションの外階段防水なのですが、ステップの塗料がどの段もはがれ、下のステップがむき出しの状態です。


これは踏面部分のコンクリートとステップ部分のタイルを同じように施工してしまったがために起こっている現象なのですが、こうなってしまうとこの次にできる工事は限られてきます。
ステップ部分ははがれていても、コンクリートである踏面については塗料が残るため、再塗装するためには下地を均一にしなければならず、旧塗料をすべてはがす必要があるのです。
旧塗装をはがすには膨大な手間と日数がかかるため、費用も膨大にかかります。
そこで費用を抑えて補修するために「長尺シート」というものを使って、階段の上から覆ってしまう工事となるのです。長尺シートを貼り付ける場合、多少下地に段差があってもボンド(接着剤)で調整ができますので、ある程度下地の塗料を剥がしてカチオン系の材料で補修ができます。
ただし、長尺シートを一度張り込んだら、今後はもう長尺シートを貼りなおす以外の選択肢はありません。
塗装よりは金額が高額ですので、その分今後は出費が多くなります。
ただ現在マンション等は長尺を場合によって20年使用します。
では、安く階段を再塗装するためにステップ部分がはげないようにするにはどうしたらよかったのでしょうか?
それは塗装する際にステップ部分に何重にも養生をして、タイル部分には塗装をしないようにすればよかったのです。
このひと手間をかければ、再度塗膜防水をすることはできましたし、部分施工も可能となったでしょう。
もしくは、カチオン系の素材でタイル部分に傷をつけ材料の喰いをよくしてから塗るのも一つの手でした。
しかし、ステップ部分の細やかな養生やはがれにくくするための下準備はかんり手間がかかるため、余計に費用もかかります。


このマンションの階段の塗装が、どのような経緯で行われたかは分かりませんが、ステップに塗った塗料がはがれることは塗装時に分かっていたはずです。
確かにその時は費用を安く上げて塗れたかもしれませんが、今後は再塗装ができない分トータルとしては費用がかさむことになるでしょう。

陸屋根塗装 パラペットを防水しないとどうなるのか

二つ目に紹介するのは、こちらのお宅です。
屋根のタイプが陸屋根の家なのですが、なぜかパラペットと呼ばれる屋根の立ち上がり部分に防水処理がされていませんでした。パラペットの上に、壁側の透湿防水シートと笠木がのせてあるだけで、笠木や透湿防水シートの隙間からパラペット部分に水が浸入し、木部に水がしみ込み放題の状態です。
また雨漏りが起こる原因の一つでもあるのですが、「毛細管現象」という細い隙間に水が逆流して入りこんでしまう現象も起きていたことで、家中に水が回ってしまっていました。
そのため、こちらのお宅では家の中に多数の黒カビが発生していたのだそうです。
現在であれば、パラペットの防水処理は法律で定められています。
法律で定めるくらい、必ずしなければならない処理なのです。
それなのに、なぜ新築時に防水がされなかったのか、そして宅地建物取引主任者はなぜチェックした際に見逃したのか……理由は分かりませんが、こればかりはお客様には確認もしようのない欠陥でした。通常パラペットは木材でできていますので、雨漏りの原因になりやすく、必ず防水処理をします。さらに優秀な職人であれば、あらゆる可能性を検討して水抜きなどを作ることも。
今回お客様からのご依頼は、「とにかく雨漏りを止めたい」とのことでしたので、塗装職人では苦肉の策として強硬手段を取りました。
パラペット部分に、防水処理を施す工事をすることにしたのです。
なぜ、パラペットに防水処理を施す工事が強硬手段なのかといいますと…すでにパラペットの木部や家の内部には水が浸透しているため、今この段階で水の侵入口をふせぐことが次のトラブルを引き起こすかもしれないのです。
新築時は、まだパラペットの木部にも家の内部にも水がしみていないので防水処理を施すことが可能なのですが、今の家の状態はすでに水が浸入して何年も経ってしまっています。
しかもお客様宅は、ジョリパットの家でした。いわゆる呼吸する家です……。
それゆえに、余計に予測がつきませんでした。
もしかすると、塞いだパラペットの上部が水の侵入口が排出口になっているかもしれませんし、出口が無くなった水はどこかで溜まってしまうかもしれません。防水を得意とする職人でも、こうなってしまっては予測がたてられないのです。
お客様には、パラペットに防水処理を施すと予測つかないトラブルが起こるかもしれない状況を説明した上でご了承をいただき、今回は工事をすることとなりました。
工事の内容は以下です。
雨漏りを止めるためにまずは笠木をはずし、パラペットの上部にガラス繊維の骨材を敷き、含浸(薬剤を圧入し硬化させて隙間を埋めること)させた後にマット樹脂で固めて防水層を作りました。


ユニットバスなどに使われるFRP浴槽と同じ原理と考えて頂ければ、想像しやすいかもしれません。
その後さらに塗装をし、工事は終了。
塗装職人として、雨漏りを止めるために全身全霊をかけて工事をしました。
しかしどんなに技術を注ぎ込んで雨漏りを防ぐ工事をしても、一度トラブルが起こった建物は、もう元のなにもトラブルがなかったころには戻りません。
今後こちらのお客様は、いつ今回の工事による副作用が起こるかと気にしながら、過ごさなければならないのです。
それでも、家に発生する黒カビによる健康被害に怯えるよりはましだとおっしゃっていました。

こちらはFRP防水の施工動画です。

初期に手を打たないことで悪化するタイル壁

三つ目にご紹介するのは、この建物です。
これは川にかかる水門部分にある管理事務所なのですが、注意して見ると屋根部分にあたる斜壁のタイルが滑落しています。


しかも他の部分を見ると斜壁だけでなく、いたるところで歯抜けのようにタイルが剥がれ落ちているのがお分かりになりますでしょうか。
タイルに入ったクラックから雨水が壁の中に入り込み、タイルが持ち上げられ滑落したのだと思います。
もしも斜壁の滑落が確認された時にすぐ対処していれば、ここまでの状態にはならなかったでしょう。
では、なぜこんなにも放置されているのでしょうか…?


それは滑落したタイルが、建物の下に流れる水の中に堕ちるだけだからではないかと、僕は思います。
川の中にタイルが落ちるだけなので、第三者災害になる可能性はかなり少なく、それゆえに放置されているのではないかと。
数か所のタイルの滑落であれば、100万円くらいで補修ができる内容だったかと思います。
しかし放置された今では、斜壁だけでなく壁面や窓枠などにもタイルの滑落がみられますので、かなり壁の中に水が回っているのでしょう。
とてもではありませんが、工事費100万円では収まりません。
タイルが滑落した時に対処していれば…それよりもさらにさかのぼって、そもそも滑落しないように施工時に処理を施してあればと思います。
自治体が住民から集めた税金を使用して施工した建物のはずなのに、あまりにもお粗末な状態で悲しくなりました。

こちらはタイルの補修工事の動画です。

予測できるトラブルへの対処方法とは

今回ご紹介した3つの事例は、どれも予測できたにもかかわらず、手を打たなかったことによってトラブルを引き起こしているものばかりです。
僕は施工によって起こる悪い状況を「カムアウト」することが、本当に大切だと思います。
残念なことに、塗装工事の良い点だけ伝えて、悪い点に関しては何もいわない業者は多くあります。
でも塗装や防水工事をすることで起こる良い点の裏に必ずある悪い点も伝えることで、はじめて家の状態を把握し予防することができるのです。

最後におまけで、壁に施された小さな水抜きパイプを紹介します。
この外壁を施工した職人は自分の施工技術にうぬぼれず、外壁の防水工事後に起こるあらゆる水の侵入にそなえてこうした水抜きパイプを取り付けてたのでしょう。
この水抜きパイプを取り付けた職人の工事のように、トラブルを予測し将来に備えれば、今回紹介した事例はどれも最小限にトラブルを抑えられていたはずなのです。
塗装や防水には、良い点もありますが必ずそれに伴い悪い点もあります。
悪い点と向き合って、初めて将来起こるトラブルと戦えるのです。
このブログをご覧の方は、塗装や防水の正しい知識を学び、そして悪い点も隠さずに話してくれる信頼のおける塗装業者を見つけて下さい。
そうすることで、家のトラブルの早期発見・早期補修が可能となるのです。

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top