見積り担当ブログ

株式会社塗装職人のスタッフブログです。それぞれが自分の仕事をこなす上で感じたことやその出来事を綴っています。

もろくなった屋根でも大丈夫 カバー工法と板金工事

以前から書いておりますお客様宅工事について、今回はこちらのブログでお話しします。 こちらの家の屋根は、いわゆるノンアスベストの屋根だったため、屋根材自体がもろくなっていました。 そんなもろくなった屋根の補修塗装方法と屋根 […]

火災保険が使用できる外壁補修と塗装工事

暖かい日が続いております。塗料の乾きも早くなってきますので、塗装の時期としては良いシーズンです。 さて、今回は意外にお客様がご存じない外壁の補修や屋根のリフォームなどで使える火災保険について、ご紹介致します。 もちろん、 […]

塗装体験から10年、すっかり大きくなった娘さんと再会

そろそろ春を迎えそうな予感ですが、皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか。 おかげさまで、塗装職人では今年になってからずっと忙しくさせて頂いております。 新規のお客様や、リピーター様などさまざまな現場にお伺いし、リピータ […]

瓦屋根は見た目が綺麗なら大丈夫? 気をつけたい家の外壁や屋根の状態 

一般的に、和瓦の屋根の寿命は長いといわれています。 しかし実際のところは、瓦自体が綺麗だとしても開けてみると下地がとんでもない状態になっていることがあるのです。 今回は、そんな瓦屋根の状態や屋根工事の話を中心にお話し致し […]

家の塗装耐久年数はどの箇所も一緒? 知っておきたい塗装の常識

普段菊池のブログでは、塗装の耐久年数はおおよそ10年だとお話しています。 しかし、この耐久年数というのはあくまでも外壁の耐久年数で、アパートにある鉄階段や、パラペットを取り囲む鉄柵などの鉄部や、破風などの木部はこの耐久年 […]

塗装10年後のひび割れたサイディングのシール

今年も年初からたくさんのお客様にご依頼を頂いており、出勤初日からフルスロットルで営業中です。 今年は会社の方針として、防水工事に一層力を入れていく予定でおりますので、僕のスキルが少しでも役に立つよう、頑張りたいと思います […]

さらに上の評価を目指し一級塗装技能士の育成にも力を。

新年あけましておめでとうございます。 年初からさまざまなご依頼を頂き、仕事始めを迎えるやいなや東奔西走しているところです。  コロナ禍が続く中、まだまだ厳しい状況ではありますが・・・塗装職人一同、今年も気を引き締めて感染 […]

モルタル外壁を一級塗装技能士が波型模様へ、瓦の点検は問題なし

塗装職人の事務所は横浜と世田谷にあります。今月は杉並に防水工事部という支店も誕生しました。 工事に伺う場所はさまざまです。 先日も相模原方面に住んでらっしゃるお客様宅へ伺いました。 また、そうした事務所から離れた場所で工 […]

外壁塗装を終えたお客様から、3軒ご紹介工事を頂きました

先日、お客様に別のお客様をご紹介して頂くということがございました。 塗装職人の工事を体験されたお客様が、その技術と職人などの対応から、隣に住んでいらっしゃる方やご近所の方をご紹介頂くと言ったことはよくあるのですが、今回は […]

サイディングの最新シール材、耐久性15年という意味合い

最近お客様からお問い合わせの多いシーリング材として、高耐候シーリングがあります。 これは、サイディングの親水シリーズなどと一緒に出てきたシール材で、通常のシール材が5年~10年の耐久年数であるところを、15年ほど持つとさ […]

塗装職人の担当者として、リピーター様からの嬉しい言葉とは

このところ、リピーター様からのご依頼が続いています。菊池も長く㈱塗装職人で働いていますが、こうしてリピーターのお客様にお会いできる時というのは、見積もり担当として一番の嬉しい瞬間です。 今回は前回も少しだけご紹介しました […]

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00