お客様・職人・見積り担当 全員でスクラム組むことでできた最高の外壁塗装工事

今回の現場は、まさにお客様、職人、営業すべての力が合わさって、完工することのできた現場でした。漏水のあるお宅の外壁塗装工事だったのですが、施工後は先日の大雨でも雨漏りすることがなかったそうです。
そんなワンチームで行った、工事の詳細についてお話しいたします。

パミール屋根など問題山積みの外壁塗装工事

今回のお客様宅は、先ほども述べました通り外壁塗装と雨漏りの補修のご依頼でした。
お客様からご連絡を頂いた内容から、「工事の内容としてはこんな感じかな?」と予想をつけて現場調査へ伺ったところ、実際お客様宅を拝見しますと内容ははるかに厳しい状況…。
というのも、お客様宅の屋根はパミール屋根だったのです。
パミール屋根とは、以前ニチハから発売されていた屋根材の一種で、数年たつと層状に剥がれもろくなり、屋根上を歩こうものならおせんべいのようにパリパリと割れてしまう屋根材のことです。パミール屋根はもろいので、屋根上で工事をする屋根塗装は出来ません。

パミールについてはこちらの記事を参照してください。

パミールというスレート屋根の憂鬱

また、割れた屋根の隙間から雨水が入り込み雨漏りの原因にもなるため、屋根を補修する方法としてはカバー工法のみです。カバー工法は、屋根塗装より費用がかかります。
さらに、家を建てた際に規定の希釈率よりも薄めた塗料で塗ったせいか外壁の塗膜が薄く、それも雨漏りの原因のひとつになっていました。
その上、通常であれば横張りのものが多いサイディングボードですが、こちらのお宅は縦張り。これには本当に塗装方法を悩みました。

横?縦?サイディング壁は張り方で塗装が変わる

縦張りのサイディングについてお話しする前に、まずはサイディング壁についてお話しいたします。
サイディング壁は、胴縁と呼ばれる幅5センチ、厚さ1センチの骨組みを家のまわりに組んでから、その胴縁を土台にしてサイディングボードを張り付けて壁として仕上げるのです。
通常は横張りと呼ばれるサイディングボードの張り方で、家の周りに縦のボーダー状に胴縁を組み、その上にクロスさせるようにサイディングボードを張り付けていきます。
その場合、サイディングボードは上下が連結可能なパネル状になっているため、上から順に屋根を重ねるような要領で出っ張り部分を上、へこみ部分を下にしてボードを連結させることで、上段のボードが下段のボードに覆い被さるように連結することが可能です。
雨水は上から下へと流れますので、覆い被さったボードの上を雨水がすべり落ちていきます。ボードの内側に水が入り込んだとしても、胴縁が縦に組んであるため、内側に入った水はほぼ障害物がなく下へと落ちて排出されることに。
ただ、サイディングの横張りは連結下部分が目地となるため、壁に横縞が入ったかのような印象になります。サイディングボードの長所を引き出す張り方としては、横張りが最適なのですが、見た目だけは多少美しさにかけるのです。
今回の建物は、見た目の美しさを重視してサイディングが張り込んでありました。
つまりは、縦張りです。サイディングの縦張りは、横ではなく縦にラインがでるため、見た目がスタイリッシュになります。
ただ、この縦張りは問題点が多いのです。

縦張りサイディング壁の問題点は大きく3つ

1つ目の問題点としてあげられるのが、胴縁の組み方です。
横張りの時は、胴縁を縦に組みましたが、縦張りの場合は横に組みます。
家の周りを横縞のように45.5センチのピッチをあけながら、胴縁を下から壁の一番上まで組み上げ、そこに縦張りのサイディングをクロスさせるように張りこむのです。
横縞のように胴縁があるということは、ボードの内側に入り込んだ水が下に落ちてくる際に胴縁にせき止められます。
胴縁に行く手を阻まれた雨水は、『アミダクジ』でもしているかのように胴縁をつたい、さまざまな箇所へと入り込み、最悪雨漏りを引き起こす原因となってしまうことも…。

2つ目の問題点としては、パネルの連結部分です。
サイディングは、先ほども申しましたとおり連結のできるパネル状になっているのですが、縦張りではこの連結部分は縦になってしまうため、雨の侵入をよけることはできません。
傘は上から降る雨は防ぐことができますが、横から降る雨は防げませんよね。
つまり、縦張りのサイディングの連結部分というのは上から降る雨に対して傘を横向きに倒して差しているようなものなのです。

3つ目の問題点は、窓などの外壁開口部です。
縦張りのサイディングボードのつなぎ目が、外壁の開口部に垂直におりてしまうことにより、溝をストレートにつたった水が窓まわりに直撃し、窓の隙間から雨漏りすることが…。
通常の雨であれば、窓に当たっても雨漏りには早々なりませんが、雨が降るたびに同じ箇所に水が直撃していますと、その部分から雨漏りとなります。
以上の理由から、縦張りのサイディング壁というのは塗装屋泣かせの壁なのです。

下塗り剤で補う縦張りサイディングの難点

今回のお客様宅塗装工事は、屋根のカバー工法と、雨漏りの補修、外壁塗装など外壁塗装のフルセットです。
屋根のカバー工法は屋根職人がしっかりと対応し、外壁塗装は塗装の職人、シール職人、大工でお互い指示を確認しながら行いました。
縦張りパネルの問題点は、下塗りで難点を補うことに。
下塗りの際には、お客様の希望で塗料に厚みをつけたいというリクエストもありましたので、砂骨ローラーとよばれる目の粗いローラーで柚肌塗りをしました。
フィラと呼ばれる下塗り剤を外壁に塗装する際に、横の目地にもたっぷりと塗り込むことで目地を厚くします。縦のサイディングボード連結部にあたる目地には、塗料で埋めたくありませんので、ハケを使って違う(カチオンシーラー)下塗り剤を塗り込み、ボードの動きに対応できるようにしました。
家というのは、木材の特性から湿気や気温などで伸縮します。そのため、壁にも多少動きがでるのです。その動きに対応することで、壁のひび割れなどを防ぎます。
ここでさらに工夫をしたのが、同じ縦の目地でも窓枠部分に垂直に当たる部分には下地材を塗り込み、厚さを持たせることで目地部分に雨水が集まるのを防いだことです。
目地の箇所によってはシールを打ち、雨水の排出や壁の動きが出る箇所など開けたほうがいいところは開けられるように施工する。細部まで神経を使った工事でした。

 

お客様、職人、営業 ワンチームで行う塗装工事

塗装工事にかかわる職人たちが、すばらしい連携をしたことによって完成したお客様宅の外壁塗装。
もしも、だれかが指示を無視したり、自分よがりな知識で勝手な作業をしたりしていたらここまでの仕上がりにはならなかったでしょう。
家の外壁塗装は、一人の職人が屋根も壁も担当するわけではありません。
屋根には屋根職人、シール打ちにはシール職人、塗装には塗装職人、木部の補修は大工などなど。すべての箇所に専門家がいて、それら職人たちの技術をつなぎあわせたものが雨漏りを止める外壁塗装となるのです。
また、今回の塗装ではお客様のご協力もありました。
お客様のイメージや希望も明確にご提示いただき、とても分かりやすかったです。細かい箇所も丁寧にご対応いただき、お客様とのやりとりメールの文字数を合計しますと、かなりの文字数になると思います。
職人とのやりとりも、通常であれば朝礼夕礼くらいしかしないのですが、今回ばかりは昼礼もいれ、指示も細かく伝えました。

こちらが工事前

そして 工事後

お客様の想いを叶える塗装工事とは

僕は、足場を建てる前の現場調査(お医者さんでいうところの問診)に時間をかけます。
家の外観からわかる状態だけではなく、家の新築時の様子や、増築、改築などの経歴を調べたり、屋根材はどんなものが使われているのかを見たりなどすることで、この家に必要な技術をもった職人たちを集めることができるのです。
そしてお客様からも、じっくりとお話を聞きます。
お客様の本当の希望は何なのか、もっとも気にされているところはどこなのか…それを引き出すことが僕の仕事の肝なのです。
お客様は、当初外壁の色を黒にしたいとおっしゃっていました。
しかし、よくよくお聞きすると家の中がとにかく暑くて困ってらっしゃるとのことでしたので、僕は「黒にしたらますます暑くなってしまうかもしれない」とお伝えし、違う色のご提案を。
さらにお客様のお話をお聞きしますと、黒にされる理由としては壁が汚れることを気にしておられて、壁の汚れが目立たない黒を考えていらっしゃることがわかりました。
そこで僕が提案したのは、遮熱効果の高く意味合いも汚れもつきにくい白い塗料です。結果、提案した白い塗料を採用していただき、仕上がりにも大変喜んでいただけました。
このように、お客様が本当に気にされていることや困ってらっしゃることを聞き出せなければ、お客様に本当の意味で満足いただける塗装にはならないのだと僕は思うのです。

遮熱塗料についてはこちらの動画を参考にしてください。

全員でスクラムを組んで最高の塗装工事を

塗装工事は、すべての箇所を100点にすることはできません。
どこかを100点にしてしまいますと、必ずどこかにマイナス箇所が現れるからです。
このマイナイス箇所が極力出てこないように、80点ずつをとりながらすべての問題点を丸く収めるバランスの取れた工事が、結果として100点の工事になります。
今回はお客様、そして職人たちと一丸になれたことで、すべての工事のバランスをとることができ、無事完工することができました。
これからも、職人や営業、そしてお客様ともスクラムを組んでワンチームとなり、最高の工事をしたいと思います。

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top