知っていたら!塗装・改修工事への思い込み、イメージ・・・現実とのギャップによる落胆。

現場管理・見積り担当の松尾です。

私ごとですが、この業界で働くようになり早30年(正確には27年)が過ぎようとしています。長くこの業界にいますので、色々な経験、材料や工事内容、○○建設さんのあるあるetc.そういったことから担当させていただいたあるお宅の話を今回はさせていただきます。

昨年、「ある業者に施工してもらった塗装改修工事についてのご相談がしたい」と、ある奥様からご連絡をいただきました。それがご縁で「他の方々が同じような被害に合わないように役立つなら!」と、弊社のYouTubeチャンネルにご出演をいただきました。

≪こちらがその動画・前編です≫

結論から申し上げますとこの工事、現在進行形で奥様のお宅と業者とでお話合いが継続しています。いわゆる「係争中」という事です。特に知っていただきたい事ですが、弁護士様から「費用対効果」の事を諭されてもご主人様が「これはお金の問題だけじゃない!」と相当お怒りのご様子で奥様がお忙しいご主人様に代わり、きっと皆さまご存知のハウスメーカーを相手取り「裁判」されているという事です。

≪こちらがその動画・後編です≫

そのお怒りの内容ですが、

①雨漏りから工事を依頼された ⇒ 現在も雨漏りが止まっていない様子
②契約内容の許可ない変更 ⇒ 事後報告+開き直り
③物損・破損等 ⇒ 元からだと言い張るだけ等

このブログを読んでいただいている皆様が「当事者」になったならば、恐らく同じ感情を持つと思います。ただ、長くこの業界にいる私からみると何気に「あるある」なことでもあります。

ではどうしたら良かったのでしょうか?

①につきましては、「雨漏りが止まらない場合」もご説明するべきです。「工事したのだから!」と思われるかもしれませんが、再三私のブログでも申し上げている通り、雨漏りは「難しい」というのも現実です。なので弊社(私)なら必ず最悪の事態もご説明いたします。

また、YouTubeにて弊社の曽根代表が「シール屋なら…」と発言している個所があるのですが、それもその通りでお家を見せていただいた時に???となる個所が実際にありました。そういった「専門」の分野の担当が施工しないのも今回の結果になってしまった原因の一つであることは間違いないかと思います。

②について。これも昔は「あるある」でしたが大手ハウスメーカー様で今回の現場の方の言い訳を聞かされたらご主人様のお怒りも当然です(内容は動画でご覧ください)

施工会社の現場担当の方の「苦し紛れ」の言い訳も酷いですがお相手の方は「一応こっちはやるだけやったのだから材料代からその金額(差額)を引いた分を払ってくれ!」と争っているわけですが、それも何となく理解してしまっている私も居ることは間違いありません。この場合大手さんであるが故に下請けさんには辛い所があるのもお伝えいたします。

③についてはかばう余地がありません。もしそうならば弊社を含めて大概の会社様は「事前」に写真を撮ると思います。その為にお見積り時に現地調査に伺うわけなので。そして、奥様のお話を伺っている限り「直してんだから」「やったんだから」というのがこの下請けさんの言い訳にでてくるのはあまりにお粗末かと思います。

弊社でもお客様にご迷惑をお掛けすることはゼロではありません。そういう事を軽減するために見積り担当はお見積りなどにきちっと文言を入れさせていただき、現場では写真で出来るだけ収めて何かの時は説明できるように、そして、現場管理の私は、足場解体前検査は勿論のこと、出来るだけ現場にお伺いするようにさせていただいています。そうさせていただく事により「やって良かった!」と言っていただけるような工事に近づけていく努力をします。それでもダメな場合はまた打ち合わせをし…と自己満足ではなく当たり前ですがお施主様に喜んでいただく、満足していただける工事にする努力を致します。この業者様の言い分もあるかとは思いますが、要約すると「仕様も勝手に変えたけど、使うって言った材料は使っていない所もあるけど、悪いと思ったから、この部分を〇〇でやったからいいじゃん!」と言っているように聞こえます。ですからご主人様のお怒りはごもっともかと思います。

「大きい会社だから」「テレビで宣伝しているから」そういった会社様にも中小零細企業にも必ず「良い所」と「悪い所」は共存します。なので否定するものではございませんし、どちらが「良い」という事ではありません。ただ「内容は違う事をやってはいるし、悪いとは思っているけどやる事はやったから金払え!」とご相談者様が訴えられているという理不尽共とれる現実をご理解いただけたらと思います。

色々とご相談に乗らせていただいている中で「知っていたら頼まなかった」と奥様がおっしゃっていたのが、私も見積りを担当させていただいている人間としてとても残念に思いました。そしてやはり「人間対人間」ですので、よりきちっと説明の出来る仕事をさせていただくよう心掛けていきたいと思います。

≪こちらは訪問販売で手抜き工事にあった方の動画です≫

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top