“とそ女”りおのブログ@旭区・養生の巻

梅雨の時期ですが晴れの日が多く、そして、プライベートでは引っ越し後の片づけやらで、日々慌ただしく、現場ブログご無沙汰してしまいました。

今日は旭区鶴ヶ峰の現場に来ています。玄関前には、大きなクーラーポットが置かれています。

塗装女子りおのクーラーボックス

「職人のみなさん、今日は蒸し暑いのでノドが渇いたらこれで潤してください」、というお客様のお心配り。何ともうれしいではありませんか(感謝)。

ところで、こちらのお宅の工事は「塗装職人」が、昨年の秋、お向かいさんで職人が作業をしていたところ、ウチも塗り替えをしたいと、お声がけがあり、今回の受注に至ったとか。しかも、2棟続きの外壁塗装です。

多分、お客様はウチの職人の仕事ぶりをご覧になっていて、ウ~ム、これなら任せられる!

そう思われて、お仕事をいただけることになったんでしょうけれど、これもうれしいではありませんか(感謝W)

お客様はよく見ています。今日もしっかりと仕事をしなくては。

塗装女子りおの下地作り

下地づくりは神経を使います。

さて、今日の作業は養生です。

養生といえば、私が「塗装職人」にきて最初にした仕事は養生の”剥がし”でした。

これは塗装が終了しての最終段階の工程で、あまりスキルはいらないのですが、”張り”は塗装の下地づくりなので神経を使います。

師匠によるとマスカーという養生資材は、マスキングテープとポリシートを一体化させたものなそうで、これを使って窓マドを丁寧に覆いました。それにしても、このマスカーでとってもかしこ~い。

塗装女子りおのノボリ

メッシュの中は見えにくいからノボリを立てて工事。

ところで、お客様宅の1棟はお店をやられていて、建物全体をメッシュシートで覆うと、

営業しているのか休業しているのか、わからないので店先に「営業中」のノボリを設置するのも私たち職人の
仕事です。

塗装のスキルや知識はいうまでもありませんが、こうしたお客様への気配り、目配りも大切にしなくては。

日々勉強。

神奈川・東京の外壁塗装の株式会社塗装職人です。 施工は全て一級塗装技能士という国家資格を持った職人が行います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

施工事例

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00