塗装職人によくご相談をいただく壁のヒビ割れについて

現場管理、見積り担当の松尾です。
早いもので、もう12月。すっかり朝の空気が冷たくなりました。

塗装職人でも2021年にむけて、営業をはじめスタッフ一同さらに研鑽を重ねています。

先日道を歩いていたら、ブロック塀の補修後少し経った壁と、ジョリパットの壁がありました。この二つの壁に共通して言えることは、どちらもヒビが入る…ということです。

今日はこの二つの外壁材のヒビ割れからみる良い面と悪い面に注目したいと思います。

なおクラック補修のやり方はこちらをご参照ください。

モルタル外壁ひび割れ補修

ブロックにヒビが入るのは職人の常識

まずブロック塀からお話します。

このブロック塀ですが、土地の境界線部分を示す塀のため道ぎりぎりにあり、以前のものは車が引っ掛けて壊してしまったのだとか。

その後、また新しくブロック塀を立て直したのですが、施工後少し経ってブロック塀を見たところすでにヒビが入っていました。

とはいえ、ここは境界線を示すための塀です。このヒビ割れから雨水などが入り込んでも、下まで通過した水は地面に吸われるだけで、特に問題はないでしょう。

でももしもこれが家の一部分だったら、このヒビ割れは雨漏りの原因となります。

ブロック塀は、もともとの形状に穴がある為、後からモルタルで穴を塞いだとしても、穴部分の隙間から割れてしまうことがあります。

コンクリートブロックを使用している以上、この割れは仕方のないことなので、どんなにモルタルできれいに塞いだとしても、出てきてしまうのです。

また、これを補修しようとした場合、シーリング材などを充填してヒビ割れを塞ぐことはできますが、年数が経過するとまたコンクリートブロックの内側にある空洞部分から割れは出てきます。

コンクリートブロックを使用する以上、このヒビと付き合いながら使用するしかないのです。

コンクリートブロックには、安さや扱いやすさなど利点は多数あります。

でも利点があるように、こうした欠点も必ずあるのです。

モルタル壁は動きに弱い

次にジョリパットの外壁についてです。

この写真をよく見ると、大きなヒビ割れと黒い汚れが浮かび上がっているのが分かります。

ジョリパットは、湿気に強く呼吸する壁として利点も多くありますが、先ほどのコンクリートブロックと同じで欠点もあるのです。

湿気には強いですが、モルタルなので木部と動き方が違うため、木部の伸縮についていけず割れてしまいます。

写真のジョリパットの外壁は、凹凸が美しくモダンなデザインです。

【参照動画】ヒビと汚れの外壁ジョリパットの復元塗装

ボーダーパターン、クリフパターン、スクラッチパターン、ラフパターンなど様々な凹凸模様の仕上げ方法があります。

まだこちらのような吹き付けタイルのような外壁のクラック補修は模様がなだらかなので跡が残りにくいですが、ジョリパットのヒビ割れを直そうとした場合この凹凸をキープすることはできません。

補修施工の一例ではありますが、ヒビ割れを閉じるためにシーリング材などを注入し、上からさらに塗装をするため凹凸は無くなってしまいます。

修繕する際に、できるだけ凹凸を残す補修をしようとすると、職人の細かい手作業・技術も必要となるためそれだけお金がかかります。でもせっかくお金をかけても、多少ヒビが分からなくなる程度で、少し遠くから眺めるなど角度や太陽光の強さ次第では、ヒビ跡が浮かび上がって見えるでしょう。どんなに手を尽くしお金をかけたとしても、元のヒビ割れの無い壁には戻らないのです。

まれにお客様の中に、ある程度技術のある塗装屋であれば、魔法でも使うように補修できるのではないかと思いお見積り依頼をされる方もいらっしゃるのですが、我々塗装のプロでも素材の持つ欠点全てを補修することはできません。

お医者さんが、全ての病気を万能に治すことはできないのと同じで、どんなにプロの技を用いたとしても、補修しきれないものがあるのです。

 

また、ジョリパットの外壁で白いタイプは、写真のような汚れが目立つようになります。

これもモルタル特有の汚れ、ある意味水垢のようなものなのですが、雨風に晒されて数年経過するとこの汚れが壁の表面に付着して落ちなくなります。

この汚れをできるだけ付かないようにするのであれば、家を建てた際にコーティングを施さなければなりません。

でも、このコーティングはあくまでも外壁塗装のオプションであることと、コーティング剤やクリア剤は高価なため新築時に使用する人はほとんどいないのです。

そのため、ほとんどのお宅ではジョリパットの外壁にしてもコーティングはしないため、汚れも付着します。そして、ヒビ割れは例外なく発生します。

【参照動画】2種類の外壁がある家の塗装 ジョリパットとリシン

外壁塗装する時に目を向けるべき事とは

これは誰にでもあることではあるのですが、人は良い面にはすぐ目を向けますが、悪い面は目を向けないばかりか見ようとさえしないことがあります。

外壁の素材には良い面もありますが、かならずその裏に悪い面があるのです。

この悪い面を、どうにか着地させて寄り添うことで、外壁を長持ちさせることが出来ます。

お客様が納得のいく塗装工事のために

僕の恩師の言われたことで、今の自分にとってお客様への対応の礎となっている話があります。

「一つの丸いケーキがあった際にナイフ1本で二人の人間が公平に分けるためにはどうしたらいいか」という問いだったのですが、僕は量りを使う以外の答えが思いつきませんでした。

答えは「一人がケーキを公平だと思うところで切り分けて、もう一人がケーキを選ぶ」というものでした。

ケーキを切った方は、自分で切り分けたのでどちらのケーキになっても文句はないでしょうし、ケーキを最初に選ぶ方は自分の納得のいくケーキを選んでいるので文句があるはずないのです。

 僕はお客様に対応させて頂く際に、できるだけ僕が切り分けたケーキの中でお客様が納得いく形でお選び頂けるよう力を尽くしています。

そうすることで、最終的には一番家のためになる塗装ができるからです。

もちろん、そのためにはお客様のヒアリングを丁寧にさせて頂いて、できるだけお客様の痒いところに手が届くようにご要望を吸い上げて、状況を判断してご提案させて頂きます。

ネットの偏った知識はお客様に損をさせる

残念なことにネットなどの偏った知識をご覧になって、悪い面から目を背けてしまう方がいます。

モルタルや、コンクリートブロックの問題点はこの業界の人間であれば常識的なことなのに、ネット上の広告では良い点だけがクローズアップされていて悪い点はほとんど書かれていません。

ですので、そうした問題点を補修する提案をすると必要さが伝わらない結果となります。

でも、割れているところは新品同様に安く直してほしい……。

安い塗装費ですべて綺麗になって、ヒビなども修繕できる。

そんな塗装は、魔法でも使えない限りありません。

安さの裏には、安い金額で引き受けるそれなりの技術の職人であったり、材料を安く質の劣るもので使っていたりなど必ずどこかに帳尻合わせがあります。

サービスで儲け度外視の塗装工事など、ありえないのです。

単純に考えてみて下さい。

お店をやっていて、お客さんのためにと自分の店がつぶれるのを承知で物を売る人がいるでしょうか?

それを考えれば、「どんな家の外壁も安く綺麗になりますよ!」とうたっている広告の恐ろしさに気が付くはずです。

塗装職人では問題点をあえて提示します

弊社塗装職人は、愚直な塗装店です。

塗装という仕事に誇りを持ってお客様の家に真摯に取り組んできたからこそ、これまで塗装職人の本店がある横浜や東京店のある世田谷を始め川崎、目黒など多くの場所でリピーター様に支えられて参りました。

私たち塗装職人は、工事を完了した瞬間でお客様との関係が切れるわけではありません。

逆に言うと、施工後からお客様との関係が始まるのです。

私たちがご提案して、お客様に選んで頂いた塗装が正しいのかどうか…10年かけて判断を頂きます。

良い塗装は、家を本当の意味で守ります。

どうか外壁素材の良い面だけでなく、悪い面にも目を向けて下さい。出てしまった外壁や屋根の不具合を正確に把握できれば、戦い方はあります。

お客様が悪い面に視線を向けて下されば、私たちも全力でご提案と施工ができるのです。

10年後もお客様に「お願いして良かった」と言っていただけるために、全力で塗装工事させて頂きます。

【参照動画プレイリスト・外壁クラック】

松尾
若い時からずっと大手の大規模修繕の防水関係に携わっていたり、官公庁の仕事も多くこなしてきました。 防水関係の施工には大変優秀な技術を持っています。仕事熱心で常にお客様の立場に回り物事を考えて行動しています。 雨漏り対策も得意分野で、2人の子供を抱えて毎日仕事に励んでいます。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top