投稿者: 内藤

建築施工主任 家のことを何でも出来るようにと、20代の時に長野県の木造建築の親方に弟子入りして大工の道へ進む。30代の時にはキャパシティを拡げるために農業や造園業にも従事。造園業では外構工事も多く手掛け、家に関するエキスパートとして活躍。見えるところだけではなく見えないところも手を抜かずにやるのがモットー。妻と子供2人の 4人家族。

小さな工事でもしっかりと手間をかける 塗装職人の工事とは

今年は、いつもよりもさらに暑さがひどいように感じます。 職人たちはみな外での作業に慣れていますが、さすがにこの暑さは現場でも工夫をしないと過ご せないほどです。 現場ではほとんどの職人が空調服を着ているのですが、最近では […]

実は難しい擁壁の塗装 小さな箇所なのに職人技が必要な理由とは 

今回は公園にある、擁壁の塗装工事の紹介を致します。 造園業者の紹介によって、担当した区の工事だったのですが…少し身構える工事でした。 なぜなら、地面に直接立っているコンクリート壁のため非常に水分を含んだ壁だったからです。 […]

塗装職人に営繕職人がいます 塗装工事をスムーズにするための大工の役目とは

僕は、塗装職人で営繕(えいぜん)の担当をしています。 営繕というと分かりにくいかも知れませんが、検索すると「建築物の営造と修繕をまとめて指す語。具体的には、建築物の新築工事、増改築工事、修繕工事及び模様替えなどを意味する […]

限られた予算の中で行う補修工事と塗装工事  工夫しながらより良い工事を

今回は、横浜市磯子区のお客様宅の塗装と補修工事についてです。 これまでの補修工事については、いろいろお話をさせていただきましたが、今回は補修した後の仕上がりをピンポイントでご紹介します。 また、工事について…限られた予算 […]

足場を組み工事を始めて浮き彫りになる 小さな補修箇所とは

見積時に家の外から確認するのと、足場を建ててから実際に家を間近に見て確認するのでは、見えてくる問題点は違います。 その問題点の多くは雨漏りと繋がることが多く、ここを解決しないかぎり塗装工事をしても綺麗になるだけで補修には […]

通話料無料

0120-382-361

[電話受付時間] 09:00-20:00