旭区での外壁塗装、1階外壁上塗り、キラキラした光沢仕上げ

今回も旭区鶴ヶ峰で行っている外壁塗装の施工風景をお届けします。

前回は2階外壁の上塗りと庇塗装が完了しました。今日は1階外壁の上塗りを進めていきます。

旭区での外壁塗装、2階外壁上塗りと庇塗装

旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁上塗りダメ込み

旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁上塗り

1階の壁も、中塗りとは違う濃い茶色の塗料で上塗りを開始。まずは壁や突起物の周囲、細かなところから仕上げていきました。最初に塗っておくことで、広範囲を塗るときはスムーズにローラーを動かせます。

ベランダの笠木下には隙間があるので、こういったところはハケや小さなローラーで、しっかり塗り込んでいきます。足場がないと見えない部分かもしれませんが、見える見えないに関わらず、入念に塗装することには変わりありません。

中塗りの厚みに、さらに上塗りの厚みを重ねて、外壁をしっかり保護してくれる塗装に仕上げていきます。陽の光に当たるとキラキラとした光沢が輝いているのが見えますね。

旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁上塗り後

旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁上塗り後2

旭区鶴ヶ峰本町:1階外壁上塗り後3

こちらが上塗りの終えた面です。目地部分も厚みのある塗膜をつけています。一枚目の写真では、モルタル部分に少し茶色い塗料が付着してしまっていますね。このような塗料の付着は、最後にタッチアップ(補修塗り)をする際に手直してしていきますので、ご安心下さい。

ベランダの内壁は2階の外壁と同じサイディングボードのため、卵色で仕上げられています。塗り分け線はこのあと、真っ直ぐに仕上げていきます。

曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

Back To Top