旭区での外壁塗装、2階外壁上塗りと庇塗装

塗装職人ブログ
今回は旭区鶴ヶ峰本町で施工した、外壁塗装の施工風景をお届けします。
職人は一級塗装技能士の川口が担当しました。
前回は破風や雨樋、帯板といった付帯部の塗替えを終え、今日は2階の外壁上塗りと庇塗装を開始します。
旭区鶴ヶ峰本町:外壁上塗り・ダメ込み
旭区鶴ヶ峰本町:外壁上塗り
外壁は、先ず目地やローラーの入りにくい細部をハケで塗り込みました。職人たちが「ダメ込み」と呼ぶこの作業を先行して行うことで、塗膜の厚みに差が出ないようにします。
ダメ込み後はローラーで全体を塗装。淡い卵色の塗料を塗布していきます。中塗りの色が違うため、塗り落し箇所や掠れがとてもわかりやすくなっています。
ローラーに塗料をよく含ませ、ある程度缶の中で切って量を調整したら、一度塗料を配ります。これは、一度に塗装するだいたいの範囲にローラーを置いて、塗料を乗せておくのです。
それから、塗装範囲の端からローラーを転がしていきます。こうすることで、最初にだけ塗料がぼってり付着することを防いで、均一に塗り広げられます。
旭区鶴ヶ峰本町:庇下塗り後
旭区鶴ヶ峰本町:庇塗装後
鉄部の庇は外壁との境界を先に仕上げてから全面塗装に入ります。今回はマスキングテープでの養生をしないので、ハケで塗り分け線を引きました。ラインがガタガタして見栄えがよくないので、可能な限り真っ直ぐに線出し。一度仕上げたあとに、タッチアップといって修正をすることもあります。
庇の全面は毛足の短いローラーを使用して塗料を重ねました。短毛の方がローラーの跡が出にくく、フラットに仕上げることができるのです。
逆に、凹凸のあるところには毛足の長いものを使用して、奥まで塗料を付着させています。
たっぷり塗料を重ねることで、鏡面のような艶やかな仕上がりとなりました。
旭区鶴ヶ峰本町:外壁、庇塗装完了
旭区鶴ヶ峰本町:外壁塗装完了
旭区鶴ヶ峰本町:外壁塗装完了2
塗装完了した2階外壁は、目地シーリング部も含め、肉厚な塗膜をつけて仕上げました。
淡い卵色の壁とこげ茶の付帯部という組み合わせが、柔らかな雰囲気を醸し出しています。
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

    ※印は必須項目です

    ※お名前
    ※ご住所 郵便番号

    都道府県
    市区町村
    以降の住所
    ※電話番号
    ご連絡希望時間帯
    ※メールアドレス
    ※ご用件
    メッセージ

    些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

    ■横浜店
    神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
    9時~20時 拡大地図はコチラ

    ■東京店
    東京都世田谷区用賀3-13-5
    10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

    Back To Top