神奈川区での住宅施工、シャッター塗装と施工完了

株式会社塗装職人ブログ
本日は神奈川区で行った過去の施工から、1月31日の塗装風景をお送りします。
1月頭から開始したこちらのお宅の塗装工事もこの日で最終日を迎えます。
残す塗替え箇所はシャッターのみとなりました。
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:シャッターケレン
シャッターは、他の付帯部と同様に下地調整から開始。ここではハンドパッドで全体を入念に研磨して微細な傷をつけていきます。わざとザラつきを作ることで、下地に塗料がしっかり密着して剥がれにくい長持ちする塗膜に仕上がるのです。
下地調整に使用する道具は、他にもマジックロンと呼ばれるナイロンたわしや、サンドペーパー(紙やすり)、皮スキ(金べラ)などがあり、場所や状態に合わせて使い分けしています。
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:シャッター下塗りプライマー塗布
研磨作業を終えたら、次はプライマーを下塗りしていきます。この透明な材料を塗布することで、塗料の密着度がより強化されるのです。下地調整と下塗りの工程で長持ちする塗膜形成の準備を徹底させました。スジカイ刷毛でたっぷり全面に塗布していきます。
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:シャッター中塗りダメ込み
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:シャッター中塗り
下塗り後に中塗りを開始しました。シャッターの四隅や目地には目地刷毛という薄い刷毛を使用して塗料を奥まで塗布していきます。あらかじめ細部を仕上げておくことで、全体を塗った際に掠れや塗り落しを防ぐ役目があります。
その後、ローラーで全体に塗料を塗布して塗膜をつけていきました。このとき使用しているローラーは短毛もの。塗料ダレが起きにくく平滑に仕上げることが可能なタイプです。
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:シャッター上塗り
中塗りを終えたら上塗りをして、より塗膜の厚みをつけながらツヤやかな塗装面に仕上げます。ローラーは目地に沿って横に転がしたら縦にも回転させて、塗膜がムラにならないように塗り上げました。
これで全ての塗装が完了したので、全体の最終チェックをして透けや塗りムラがないか確認します。また、養生をきっちり施していても、塗料漏れを100%防ぐことは難しいため、付着している部分の拭き取り掃除も行っていきます。
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:塗装完了後の外観
仕上がったお宅の外観です。2階外壁のアイボリーと1階のグレーの組み合わせがおしゃれですね。そして、光沢の輝く破風や雨樋といった付帯部のブラックが、全体を引き締めてシックで現代的な印象を引き出しているようにも思います。
塗装工事が完了したあとは、足場解体までに日が空くことが多いです。その間、強風などで足場周りを覆っているメッシュシートが煽られないように部分的に外してまとめておきます。煽られたシートが足場に当たると、足場が揺れたり傾いてしまい、お家に傷を付けかねないからです。これは工事後に限らず、施工中も天候の荒れそうなときはシートをまとめてもらいましょう。
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:屋根塗装完了後
2014年1月31日 神奈川区白幡向町:雨戸塗替え完了後
屋根はキルコートによる肉厚塗装。太陽熱を反射・断熱して真夏も過ごしやすい住環境が期待できそうです。
雨戸は光沢の輝くフラットな仕上がりになりました。
最後にお宅周辺の掃除をして、約1カ月弱にわたるこちらの現場での塗装工事を終えます。お疲れさまでした。
・この家の施工一覧
曽根
「塗装職人」という会社名は、おかげさまで作業をする塗装の職人というよりも、施工ブランドとして定着してきています。 神奈川県内随一の資格業者という自負があります。 決して技術だけに頼ることなく、職人としてのマナー、普段の生活に負担をかけないようにお客様への配慮もさせていただき、作業させていただいております。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご連絡ください

■横浜店
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
9時~20時 拡大地図はコチラ

■東京店
東京都世田谷区用賀3-13-5
10時~19時(水曜日定休) 拡大地図はコチラ

0120-382-361

09:00-20:00

お問い合わせフォーム

LINEからでもご連絡いただけます
友だち追加

Back To Top